【BRUNOレシピ】たこ焼きプレートで簡単一口おつまみ!魚介と野菜のエスカルゴ風のレシピ・作り方

【BRUNOレシピ】たこ焼きプレートで簡単一口おつまみ!魚介と野菜のエスカルゴ風

オシャレで機能的なブルーノ(BRUNO)のホットプレート。これひとつでテーブルが映える上に、さまざまな料理に活用できると人気です。

BRUNOで作るパーティー料理レシピ
第2回目は、『ホットプレートで作る魚介と野菜のエスカルゴ風』です。

資生堂マキアージュ ドラマティックルージュEXバナー336_280

付属のたこ焼きプレートを使った一口サイズのおつまみを紹介します。ホットプレートの上で広がるエスカルゴバターの香りがタマラナイ一品です。ビールやワインなどお酒との相性も抜群です。

【BRUNOレシピ】たこ焼きプレートで簡単一口おつまみ!魚介と野菜のエスカルゴ風

※他メーカーのホットプレートでも同じように調理できます。お手持ちのものでお楽しみください。

 

材料(作りやすい分量)

魚介と野菜のエスカルゴ風 材料

たこ(刺身用)
蒸しホタテ
むきえび
マッシュルーム
ミニトマト
じゃがいも
※それぞれ適量ご用意ください。

(エスカルゴバター)
バター 100g
パセリ 1本分
にんにく 2~3かけ
塩 少々
こしょう 少々

作り方

▲動画でご覧になりたい方はこちら

 

魚介と野菜のエスカルゴ風 作り方-1

1.エスカルゴバターを作る。フードプロセッサーにパセリとにんにくを入れて、みじん切りにする。角切りにしたバターと塩、こしょうを加えて、よく混ぜ合わせる。ラップに包んで、冷蔵庫で冷やす。

魚介と野菜のエスカルゴ風 作り方-2

2.たこは、たこ焼き器の穴の大きさに合わせて一口大に切る。じゃがいもは皮を剥いて一口大に切り、水にさらす。水気を軽く切ったら、耐熱容器に入れて、電子レンジ(600W)で3分加熱する。

魚介と野菜のエスカルゴ風 作り方-3

3.たこ焼き器に具材を入れる。その上からスライスしたエスカルゴバターを乗せて、中温で加熱する。

魚介と野菜のエスカルゴ風 作り方-4

バターが溶けて、むきえびに火が通ったら、できあがり。

【BRUNOレシピ】たこ焼きプレートで簡単一口おつまみ!魚介と野菜のエスカルゴ風

 

ポイント

エスカルゴバターとは、バターにパセリやにんにくを混ぜ込んだもの。フランス料理の『エスカルゴ』とは、エスカルゴにこのバターを詰めて、オーブンで焼いたものです。エスカルゴに限らず、魚介や野菜、パンにもよく合います。お好みの食材でお試しください

フードプロセッサーをお持ちでない場合は、パセリを刻んで、にんにくをおろし、常温に戻したバターに混ぜ込んでも作ることができます。また、エスカルゴバターは冷凍保存もできます。たくさん作っておけば、「おつまみがほしい!」というときにも、あっという間に一品完成します。

 
【BRUNOレシピ】たこ焼きプレートで簡単一口おつまみ!魚介と野菜のエスカルゴ風

ビールのおつまみにも最高ですよ!!

 

食卓が映える!おしゃれホットプレートBRUNOを使ったパーティー料理レシピ6案

 
  レシピを提供した河野真希の主宰する料理教室
「つづくらす食堂」のサイトへ >>

河野真希のパーティー料理レシピ
全てのパーティー料理レシピを見る >>

合わせて読みたい

プロの料理家・河野真希が選んだ!今おすすめの調理器具10選!

プロの料理家「河野真希」が選んだ!今おすすめの調理器具10選!

料理をするには調理器具が必要です。「弘法筆を選ばず」という言葉がありますが、料理は腕だけでなく、道具次第で味や見た目が大きく変わることがあります。プロであっても目的に合わせてさまざまなものを揃えているのが当たり前のこと。便利で役に立つ...

YouTubeで動画配信はじめました!


誕生日の飾り付けの基本的な方法や本格的なパーティークラフトの演出アイデア、季節のイベントに合わせた手作りグッズのアイデアなど、これからどんどん動画コンテンツを増やしていく予定です!

「手作りでお祝い!」に興味がある方は、
ぜひ「チャンネル登録」お願いします!
Star Naming Gift

SNSでこの記事をシェアしよう!

The following two tabs change content below.
河野真希

河野真希

料理家・暮らしまわりのフリーライター
料理教室つづくらす食堂主宰。料理・洗濯・掃除・片付けなど、家事・暮らしまわり全般を請け負うフリーライター。料理教室では、簡単&時短で作れるレシピと、段取りを大事にした一汁三菜の献立をお教えしています。特別な食材や調味料は使わず、どこでも簡単に手に入る材料で、難しい手順や技術は必要なく、誰にでも再現しやすい料理をご提案していきます。