人気の和スイーツ!フルーツ大福のレシピ・作り方〜お正月に残ったお餅で作れるよ!

人気の和スイーツ!フルーツ大福のレシピ・作り方

お正月を過ぎると、余って困るのがお餅。お雑煮や焼き餅で食べるのは飽きてしまったら、お餅でスイーツを作ってみませんか。

最近人気のフルーツ大福も、お餅で簡単に作れます。フルーツの酸味に甘いあんこ、もっちり皮のコンビネーションが美味しい一品です。
フルーツはその時期に合わせたお好みのものでどうぞ!

資生堂マキアージュ ドラマティックルージュEXバナー336_280

材料(フルーツ大福6個分)

材料(フルーツ大福6個分)
切り餅 6個(300g)
100ml
砂糖 大さじ1
片栗粉 適量
こしあん 200~300g
いちご 2個
キウイフルーツ 1個
バナナ 1/2本

 

作り方

動画で見たい方は↑こちらをご覧ください。

 

フルーツ大福の作り方-1

1.いちごはヘタを取る。キウイフルーツは皮を剥き、半分に切る。バナナは半分にカットする。

フルーツ大福の作り方-2

2.こしあんでフルーツを包み、丸めておく。

フルーツ大福の作り方-3

3.切り餅を小さめにカットし、水、砂糖とともに耐熱皿に入れてラップをし、電子レンジ(600W)で2分加熱する。一度混ぜて、さらに1分加熱し柔らかくなったら、滑らかになるまで練る。

フルーツ大福の作り方-4

4.バットに片栗粉を振り、餅を入れて広げ、全体に片栗粉をまぶす。

5.手に片栗粉をつけながら、あんを包む。

フルーツ大福 完成イメージ

食べるときは、半分にカットしておくと、食べやすいですし、見映えも良いのでおすすめですよ。

 

フルーツ大福の断面

いちご大福

フルーツ大福 いちご

 

キウイ大福

フルーツ大福 キウイ

 

バナナ大福

フルーツ大福 バナナ

 

ポイント

大福は、包丁では上手く切れません。断面を美しく切りたい場合は、木綿糸を用意し、その上に大福を乗せます。
糸の両端を持ってクロスさせ、ゆっくり引くと、スパッと切れます。お試しください。

フルーツ大福の上手な切り方

お餅で作った大福は、時間とともに固くなります。作ったその日のうちに食べきるのがおすすめです。

固くなってしまったら、大福全体を霧吹きなどで濡らし、ラップをふんわりとかけてから、電子レンジ(600W)で5~10秒ずつ、ちょうどよい固さになるまで加熱してください。

加熱しすぎると、柔らかくなりすぎたり、中のフルーツまで温まってしまうので、短時間ずつ数回加熱しましょう。

人気の和スイーツ!フルーツ大福 完成イメージ

 
  レシピを提供した河野真希の主宰する料理教室
「つづくらす食堂」のサイトへ >>

河野真希のパーティー料理レシピ
全てのパーティー料理レシピを見る >>

 

インスタでスイーツ最新情報をお届け!「ハピバ🍰スイーツ部」

インスタグラムでスイーツの最新情報をお届けする「ハピバ🍰スイーツ部」をはじめました!
よかったらいいね、フォロー、保存もしてね!

 

合わせて読みたい

人気の通販おせち特集~安心で美味しいお取寄せおせちを厳選

人気の通販おせち特集~安心で美味しいお取寄せおせちを厳選!

年末が近づくにつれて頭をよぎるのが、おせち料理をどうしよう?という問題。そこで今回は、大満足間違いなしの人気通販おせちをご紹介します!おせちを購入したことがないという方も、今年はぜひ利用してみてはいかがでしょう?

オシャレで食べ飽きない!家族みんなが喜ぶ「洋風おせち」レシピ5選

オシャレで食べ飽きない!家族みんなが喜ぶ「洋風おせち」レシピ5選!

今回は、昔ながらの縁起のいい食材を使いつつも、家族みんなが食べやすい洋風のおせち「海老の香草パン粉焼き」「豚とごぼうのコンフィ」「洋風なます」「花蓮根の明太クリームチーズ」「黒豆バターのカナッペ」の全5品を紹介します。

YouTubeで動画配信はじめました!


誕生日の飾り付けの基本的な方法や本格的なパーティークラフトの演出アイデア、季節のイベントに合わせた手作りグッズのアイデアなど、これからどんどん動画コンテンツを増やしていく予定です!

「手作りでお祝い!」に興味がある方は、
ぜひ「チャンネル登録」お願いします!
Star Naming Gift

SNSでこの記事をシェアしよう!

The following two tabs change content below.
河野真希

河野真希

料理家・暮らしまわりのフリーライター
料理教室つづくらす食堂主宰。料理・洗濯・掃除・片付けなど、家事・暮らしまわり全般を請け負うフリーライター。料理教室では、簡単&時短で作れるレシピと、段取りを大事にした一汁三菜の献立をお教えしています。特別な食材や調味料は使わず、どこでも簡単に手に入る材料で、難しい手順や技術は必要なく、誰にでも再現しやすい料理をご提案していきます。