フライパンで作れる!牛肉のハーブ塩釜焼きのレシピ・作り方

フライパンで作れる!牛肉のハーブ塩釜焼きのレシピ・作り方

おうちでガッツリ肉料理が食べたいというときにおすすめしたいのが塩釜焼きです。
豪華な見た目に反して、作り方はとっても簡単。塩で覆うので、食材から水分が流れ出ず、ジューシーで旨みがぎゅっと詰まっています。
オーブンがなくても、フライパンひとつがあれば作れます。

資生堂マキアージュ ドラマティックルージュEXバナー336_280

ただし、コーティングフライパン(フッ素樹脂など)は、加熱により加工が取れてしまうことがあるので、鉄やステンレスなどのノンコーティングのフライパンをご用意ください。
記事では、南部鉄器のすき焼き鍋を使用しています。

塩を割って現れる焼きたての塊肉に、わっと歓声が上がるはず。ホームパーティやお祝いにぴったりの一品です。

材料

牛肉のハーブ塩釜焼きの材料

牛ももかたまり肉 400~500g
ブラックペッパー 適量
卵白 2個
塩 500~700g
ハーブ(ローズマリー・ローリエ) 適量
クレソン 適宜

作り方

 

牛肉のハーブ塩釜焼きの作り方

【1】牛肉にブラックペッパーを振る。ローズマリーは茎から外し、ローリエはちぎる。卵白をボウルに入れ、溶きほぐす。塩とハーブを加えて、混ぜ合わせる。

牛肉のハーブ塩釜焼きの作り方

【2】フライパンや鍋の上に、【1】で混ぜ合わた塩を敷き詰め、その上に牛肉を乗せ、残りの塩で全体を覆う。

牛肉のハーブ塩釜焼きの作り方

【3】フライパンの上にアルミホイルをかぶせ、弱火で15分焼き、火を止めて5分置く。

牛肉のハーブ塩釜焼きの作り方

【4】肉を取りだし、食べやすい厚さに切る。器に盛りつけ、クレソンを添える。

フライパンで作れる!牛肉のハーブ塩釜焼きのレシピ・作り方

ポイント

牛肉だけでなく、豚肉や鶏肉、魚(鯛など)でも作れます。食材の大きさに合わせて、焼き時間は調整してください。天板に塩釜を作り、アルミホイルはかぶせず、オーブンで焼いてもOKです(200℃で20分程度)。

ハーブは、ローズマリー、ローリエ以外にも、タイムやセージなどもよく合います。お好みものを使ってください。多めに入れるのがおすすめです。

フライパンで作れる!牛肉のハーブ塩釜焼きのレシピ・作り方

フライパンで作れる!牛肉のハーブ塩釜焼きのレシピ・作り方

  レシピを提供した河野真希の主宰する料理教室
「つづくらす食堂」のサイトへ >>

河野真希のパーティー料理レシピ
全てのパーティー料理レシピを見る >>

合わせて読みたい

簡単ごちそう料理「牛たたき」の作り方

簡単ごちそう料理「牛たたき」の作り方

暑い季節にはさっぱりと食べられる冷製料理が嬉しいもの。そこで今回は牛の赤身肉の美味しさを存分に味わえる冷製肉料理・牛たたきのレシピをご紹介します。とっても簡単に作れるのに、決してそうとは思えない豪華な見た目でおもてなしにぴったりです。

パーティにこれが作れたら!憧れ料理「ローストビーフ」の作り方

パーティにこれが作れたら!憧れ料理「ローストビーフ」の作り方

「パーティやおもてなしに作れたらいいな…」と憧れる料理のひとつにローストビーフがあります。キレイなピンク色に焼けたローストビーフが並ぶテーブルは、それだけでワンランクアップした印象を与えます。今回は、お手頃な外国産の牛もも肉のブロックで作るローストビーフのレシピをご紹介します。

【おすすめ通販 肉】厳選!お取り寄せ肉グルメ特集〜ギフトやお家用に!

【おすすめ通販 肉】厳選!お取り寄せ肉グルメ特集〜ギフトやお家用に!

お家で過ごす時間が増えている今日この頃、ネット通販サイトで各地の美味しいお肉をお取り寄せして、お家でのプチ贅沢を楽しむ人が増えているようです。そこで今回は、通販でお取り寄せできる!おすすめの肉グルメを特集したいと思います!

 

YouTubeで動画配信はじめました!



誕生日の飾り付けの基本的な方法や本格的なパーティークラフトの演出アイデア、季節のイベントに合わせた手作りグッズのアイデアなど、これからどんどん動画コンテンツを増やしていく予定です!

「手作りでお祝い!」に興味がある方は、
ぜひ「チャンネル登録」お願いします!
Star Naming Gift

SNSでこの記事をシェアしよう!

The following two tabs change content below.
河野真希

河野真希

料理家・暮らしまわりのフリーライター
料理教室つづくらす食堂主宰。料理・洗濯・掃除・片付けなど、家事・暮らしまわり全般を請け負うフリーライター。料理教室では、簡単&時短で作れるレシピと、段取りを大事にした一汁三菜の献立をお教えしています。特別な食材や調味料は使わず、どこでも簡単に手に入る材料で、難しい手順や技術は必要なく、誰にでも再現しやすい料理をご提案していきます。