簡単ごちそう料理「牛たたき」の作り方

簡単ごちそう料理「牛たたき」の作り方
14 0

暑い季節にはさっぱりと食べられる冷製料理が嬉しいもの。
そこで今回は牛の赤身肉の美味しさを存分に味わえる冷製肉料理・牛たたきのレシピをご紹介します。

とっても簡単に作れるのに、決してそうとは思えない豪華な見た目でおもてなしにぴったりです。

前日から作り置きできるので、忙しいときにも便利。
お肉がどんどん進んでしまう絶品ソースもあわせてご紹介します。

こちらのソースは、ステーキやローストビーフ、唐揚げなどの肉料理全般によく合います。

簡単ごちそう料理「牛たたき」の作り方

なお、こちらの料理は肉の内部まで加熱されていませんので、小さなお子さんや高齢者、妊娠中の方が召し上がるのはお控えください。
また、牛肉は内部まで加熱せずとも食べられますが、必ず焼き残しのないよう表面や肉の裂け目などはていねいに焼くようにしてください。

材料(4人分)

牛もも肉(ブロック)  200g
小さじ2
こしょう 少々

つけこみだれ

醤油 大さじ2
大さじ2
大さじ1
生姜 1片
ニンニク 1片

つけあわせ野菜

玉ねぎ 1個(150g)
クレソン 1束(80g)

つけだれ

玉ねぎ 1/4個(25g)
ポン酢 大さじ4
粒マスタード 大さじ1

作り方

  1. 牛塊肉に塩こしょうをします。
  2. 生姜とにんにくを薄切りにし、つけこみだれの材料とともにフリーザーバッグにいれます。
  3. ガスコンロの上に焼き網を置き、よく熱してから、牛肉を乗せ、強火で転がしながら、全体をまんべんなく焼きます。
    ※焼き残しのないようにしてください。
  4. 焼き上がった肉の粗熱が取れたら、つけこみだれに漬け込みます。30分以上経てば食べられますが、半日以上置くと、しっかりと味がしみます。
  5. つけだれを作ります。玉ねぎはすりおろし、ポン酢と粒マスタードとよく混ぜ合わせます。
  6. 玉ねぎを薄切りにし、クレソンを3~4㎝に切ります。牛肉を薄く切り、野菜とともに盛りつけます。

ポイント

ガスコンロの場合はその上に焼き網を置き、直火で加熱できますが、IHコンロではできません。その場合はフライパンの上で転がしながら、表面をしっかりと焼いてください。

  レシピを提供した河野真希の主宰する料理教室
「つづくらす食堂」のサイトへ

合わせて読みたい

大人も子供も大喜びのひき肉料理「ミートローフ」の作り方

大人も子供も大喜びのひき肉料理「ミートローフ」の作り方

見た目が華やかで、豪華、食べ応えもあるミートローフは、おもてなしにぴったり。作り方が難しいと思われがちですが、実は、ハンバーグを作るよりも簡単かも!?

Star Naming Gift
この記事が役立ったら「いいね!」してね!
The following two tabs change content below.
河野真希

河野真希

料理家・暮らしまわりのフリーライター
料理教室つづくらす食堂主宰。料理・洗濯・掃除・片付けなど、家事・暮らしまわり全般を請け負うフリーライター。料理教室では、簡単&時短で作れるレシピと、段取りを大事にした一汁三菜の献立をお教えしています。特別な食材や調味料は使わず、どこでも簡単に手に入る材料で、難しい手順や技術は必要なく、誰にでも再現しやすい料理をご提案していきます。

RECOMMENDあなたにオススメの記事