フライパンサーブがテーブルに映える「タコとセロリのアヒージョ」の作り方

タコとセロリのアヒージョ
0 0

スペインの代表的な小皿料理のひとつ、アヒージョ。オリーブオイルとにんにくの香りが食欲をそそる、ワインによく合う一品です。
アヒージョのいいところは、フライパンのままテーブルに出せること。洗い物も少なくて済む上に、オイルがグツグツと煮立つ様はテーブルにも映えます。作り方はとっても簡単。ホームパーティで最初に出した料理があらかたなくなってしまったときのもう一品として、ささっとサーブすれば、おもてなし上手に見られるかも。

タコとセロリのアヒージョ

アヒージョに使われる具材は海老や貝類、キノコや野菜など何でもOKですが、今回ご紹介するのはタコとセロリの組み合わせです。タコとセロリの食感が相性よく、止まらなくなる人が続出。セロリ独特の香りが和らぐので、苦手な人でも食べやすくなります。

材料(4人分)

蒸しタコ(刺身用) 120g
セロリ 1本
ニンニク 1片
唐辛子 1本
小さじ1/3
オリーブオイル 100ml
ブラックペッパー 適宜

作り方

  1. タコをぶつ切りにします。セロリは葉と茎に分け、茎の筋をとって1cm程度の厚さの輪切り、葉は食べやすい大きさにざく切りします。ニンニクはみじん切りにします。唐辛子は種を抜いて、小口切りにします。
  2. スキレットにオリーブオイルとニンニク、鷹の爪、セロリの茎の部分を入れ、火にかけます。ニンニクの香りが立ってきたら、タコとセロリの葉を入れて、セロリの葉がしんなりとしたら火を止め、ブラックペッパーを振ります。

ポイント

スキレットなど小さめのフライパンで作るのがおすすめ。バケットやチュロスなどを添えて、残ったオイルに浸しながら食べるのが一般的です。残ったオイルは、茹でたパスタにからめても美味しいです。

  レシピを提供した河野真希の主宰する料理教室
「つづくらす食堂」のサイトへ

PR|時短できる!お取り寄せパーティー料理

見た目も素敵で美味しいパーティー料理を提供したいけど、家事やお仕事、子供のお世話などで、なかなか時間がとれない!という忙しいママには、「時短できる!お取り寄せパーティー料理」がおすすめ♪ 最近は冷凍技術もすごく進化しているので、プロが作った料理と思えるぐらい美味しい料理を作ることが可能です。

自宅で本格パエリアパーティ「パンdeパエリア」

自宅で本格パエリアパーティ「パンdeパエリア」

「パンdeパエリア」を利用すれば、自宅で手軽に、本格的な美味しいパエリアが食べられます!パエリアは、海老と魚介のパエリア、牡蠣とキノコのパエリア、イカスミのパエリアの3種類から選べます。パエリア以外にも、アヒージョや石釜焼きピッツァ、生ハムの盛り合わせなども販売しています。自宅でも手軽に本格的なパエリアが食べられるようにしたい!という思いで、お米や製法にもかなりこだわって作っているようです。ホームパーティーで手軽にスペイン料理を用意したい方にはかなりおすすめです!
この記事が役立ったら「いいね!」してね!
The following two tabs change content below.
河野真希

河野真希

料理家・暮らしまわりのフリーライター
料理教室つづくらす食堂主宰。料理・洗濯・掃除・片付けなど、家事・暮らしまわり全般を請け負うフリーライター。料理教室では、簡単&時短で作れるレシピと、段取りを大事にした一汁三菜の献立をお教えしています。特別な食材や調味料は使わず、どこでも簡単に手に入る材料で、難しい手順や技術は必要なく、誰にでも再現しやすい料理をご提案していきます。

RECOMMENDあなたにオススメの記事