とっても簡単!でも、華やか!!「いちごのムースタルト」の作り方

「いちごのムースタルト」の作り方

キラキラと華やかなフルーツタルト。自分で作るのは難しいと思うかもしれませんが、市販のクッキートルテ(タルト生地)を用意すれば、実はとっても簡単に作れるんです。
今回は、今が旬を迎えるいちごをたっぷりと使いましたが、キウイフルーツやブルーベリー、りんごや缶詰の桃やマンゴーなど、そのときに手に入りやすいフルーツでアレンジするのもおすすめ。
フルーツ好きな彼のバレンタインのプレゼントにもぜひどうぞ!

「いちごのムースタルト」の作り方

材料(クッキートルテ5号サイズ1台分

クッキートルテ5号 1台
いちご 1/2パック
ハーブ(ミントなど) 適宜
粉糖 適宜
いちごのムースの材料
生クリーム 120ml
牛乳 50ml
砂糖 15g
いちごジャム 100g
ゼラチン 5g
大さじ4
カスタードクリームの材料
1個
砂糖 大さじ4
薄力粉 大さじ2
牛乳 200ml
ナパージュの材料
いちごジャム 30g
大さじ1
レモン汁 小さじ1

作り方

1.最初にいちごのムースを作ります。

ゼラチンは水にふやかしておき、電子レンジ(600W)で30秒程加熱して、ゼラチンを溶かします。フードプロセッサーに生クリーム、牛乳、砂糖、いちごジャムを入れて、よく混ぜ合わせます。さらに、溶かしたゼラチンを加えて混ぜ、クッキートルテに流し入れ、冷蔵庫で冷やし固めます。

2.次にカスタードクリームを作ります。

耐熱ボウルに卵を割りほぐし、砂糖、薄力粉、牛乳の順に入れ、その都度泡だて器でよく混ぜます。ラップをせず、電子レンジ(600W)で2分加熱します。いったん取り出して、泡だて器でよく混ぜ、さらに1 分加熱、混ぜるという作業を2~3回繰り返します。ちょうどいい柔らかさになったら、最後にバニラエッセンスを加えて混ぜます。バットに移し、乾燥しないように表面にぴったりとラップをくっつけて、冷蔵庫で冷やしておきます。

3.ナパージュを作ります。

イチゴジャム(30g)と水(大さじ1)、レモン汁(小さじ1)を電子レンジ(600W)で30秒加熱しきます。
ナパージュとはデコレーションの上にかけてつや出しをするものです。乾燥を防ぐ役割もあります。ゼラチンを使って作ることが多いですが、ジャムを使うと、少量から作ることができます。

4.デコレーションをします。

いちご3つを縦に半分に切り、残りは2~3mm程度の厚さに薄切りします。いちごのムースが固まったら、その上にカスタードクリームを乗せます。薄切りにしたいちごを外側から並べて、真ん中は半分に切ったいちごを乗せます。いちごにナパージュを塗ったら、できあがり。お好みでハーブや粉糖などを散らしてください。

とっても簡単!でも、華やか!!「いちごのムースタルト」の作り方

ポイント

手軽に作るためにフードプロセッサーを使っていますが、お持ちでなければ、泡立て器で混ぜても作れます。いちごジャムに入っているペクチンによって生クリームが泡立ちやすいので、手で混ぜても、それほど大変ではありません。

また、いちごのムースを作るのに、ジャムを使用しましたが、本物のいちごを使うと、より贅沢で本格的な味になります。缶詰や冷凍フルーツを使ってもOKです。

  レシピを提供した河野真希の主宰する料理教室
「つづくらす食堂」のサイトへ
Star Naming Gift

SNSでこの記事をシェアしよう!

The following two tabs change content below.
河野真希

河野真希

料理家・暮らしまわりのフリーライター
料理教室つづくらす食堂主宰。料理・洗濯・掃除・片付けなど、家事・暮らしまわり全般を請け負うフリーライター。料理教室では、簡単&時短で作れるレシピと、段取りを大事にした一汁三菜の献立をお教えしています。特別な食材や調味料は使わず、どこでも簡単に手に入る材料で、難しい手順や技術は必要なく、誰にでも再現しやすい料理をご提案していきます。