簡単!美味しい!ノンアルコールドリンクのレシピ・作り方〜お酒が飲めなくても、みんなで乾杯!

簡単!美味しい!ノンアルコールドリンクのレシピ・作り方

ホームパーティの始まりはみんなで乾杯。子どもやお酒が飲めない人でも美味しく楽しめるノンアルコールドリンクを用意してみませんか。『フルーツビネーサワー』『キューブジュースカクテル』『ジンジャーエール』の3つのノンアルコールドリンクのレシピ・作り方を紹介します。

フルーツビネガーサワー

フルーツビネガーサワー

材料(作りやすい分量)

穀物酢 200ml
氷砂糖 200g
お好みのフルーツ 120g
炭酸水 適量

作り方

果物を一口大に切ります。消毒した保存瓶に氷砂糖と果物、穀物酢の順に入れます。

フルーツビネガーサワー

1週間から10日ほど常温で置き、氷砂糖が溶けたら、フルーツビネガーのできあがり。時々瓶をひっくり返してあげると、早く溶けます。
できあがったフルーツビネガーは果物を取り除いて、冷蔵庫で保存することをおすすめします。

できたフルーツビネガーをグラスに入れて、炭酸水を注いだら、できあがり。目安はビネガー大さじ1に対し、炭酸水150ml程度です。水やお湯、牛乳などで割っても美味しいです。

フルーツビネガーサワー

ポイント

お酢や砂糖、果物の種類を変えることで、オリジナルのフルーツビネガーを楽しめます。
米酢や黒酢、りんご酢など、黒糖や三温糖、はちみつなど、バナナやレモン、ぶどうなど、好みの味を探してみてください。
残った果物は、果物の半量の重さの砂糖を加えて煮ると、ジャムとして美味しく食べることができます。

 

 

キューブジュースカクテル

キューブジュースカクテル

材料(1人分)

お好みのジュース2種類 各50ml(製氷皿1ブロック25ml×2)
ガムシロップ 9g
炭酸水 100ml程度
レモンバームやミントなどのハーブ 適宜

作り方

ジュースを製氷皿に入れて、凍らせておきます。

キューブジュースカクテル

凍らせたジュースをグラスに入れ、ガムシロップと炭酸水を注いで、よく混ぜます。
ハーブを飾ったら、できあがり。

キューブジュースカクテル

ポイント

二種類のジュースがだんだんと溶けてきて、味が変わってくるのが美味しさのポイント。
ホームパーティのときなどにはキューブ状のジュースをたくさん作っておき、フリージングバッグに入れておくと、手早く用意することができます。

 

ジンジャーエール

ジンジャーエール

材料(作りやすい分量)

生姜 100g
はちみつ 100ml
炭酸水 適量

作り方

生姜の皮を剥いてから薄くスライスし、消毒をした保存瓶に入れます。
はちみつを注ぎ入れて、常温で2~3日置きます。

ジンジャーエール

水分が出て、さらっとしてきたら、生姜のはちみつ漬けができます。
できあがったら、冷蔵庫で保存をしてください。

はちみつの生姜付けのシロップをグラスに入れて、炭酸水を注ぎ入れたら、ジンジャーエールのできあがり。
目安はシロップ大さじ2に対し、炭酸水200ml程度です。水やお湯、紅茶などで割っても美味しいです。

ポイント

残った生姜は、刻んで料理に使えます。
ドレッシングに加えたり、豚の生姜焼きに使うなど、はちみつのコクが活かせます。

  レシピを提供した河野真希の主宰する料理教室
「つづくらす食堂」のサイトへ >>

河野真希のパーティー料理レシピ
全てのパーティー料理レシピを見る >>

 

合わせて読みたい

プロの料理家・河野真希が選んだ!今おすすめの調理器具10選!

プロの料理家「河野真希」が選んだ!今おすすめの調理器具10選!

料理をするには調理器具が必要です。「弘法筆を選ばず」という言葉がありますが、料理は腕だけでなく、道具次第で味や見た目が大きく変わることがあります。プロであっても目的に合わせてさまざまなものを揃えているのが当たり前のこと。便利で役に立つ...

 

YouTubeで動画配信はじめました!



誕生日の飾り付けの基本的な方法や本格的なパーティークラフトの演出アイデア、季節のイベントに合わせた手作りグッズのアイデアなど、これからどんどん動画コンテンツを増やしていく予定です!

「手作りでお祝い!」に興味がある方は、
ぜひ「チャンネル登録」お願いします!
Star Naming Gift

SNSでこの記事をシェアしよう!

The following two tabs change content below.
河野真希

河野真希

料理家・暮らしまわりのフリーライター
料理教室つづくらす食堂主宰。料理・洗濯・掃除・片付けなど、家事・暮らしまわり全般を請け負うフリーライター。料理教室では、簡単&時短で作れるレシピと、段取りを大事にした一汁三菜の献立をお教えしています。特別な食材や調味料は使わず、どこでも簡単に手に入る材料で、難しい手順や技術は必要なく、誰にでも再現しやすい料理をご提案していきます。