いろいろ巻いて美味しい楽しい!海老の生春巻のレシピ・作り方

いろいろ巻いて美味しい楽しい!海老の生春巻のレシピ・作り方

ベトナム料理として人気の高い生春巻。自分では作るのが難しそうに思うかもしれませんが、コツさえ掴めば、実はとっても簡単。しかも、豪華で華やかに見えます。
今回ご紹介するのは定番である海老の生春巻ですが、甘辛く煮た豚肉やビーフン、錦糸卵を始め、サーモンとアボカドとクリームチーズ、お刺身と三つ葉とみょうがといった変わり種を包むのも楽しいです。お好みの具材をいろいろと用意して、ライスペーパーとともにテーブルに並べ、手巻き寿司ならぬ手巻き生春巻パーティを開くもおすすめです。

材料(2人分)

ライスペーパー 2枚
海老 3尾
塩(海老を茹でるため) 適量
レタス 1枚
きゅうり 1/4本
香菜 適宜
ニラ 2本
スイートチリソース 適宜

作り方

  1. 海老は背ワタを取ります。お湯を沸かし、しょっぱいと感じる程度に塩を加えて、2~3分殻つきのまま茹でます。ざるに上げて、粗熱が取れるまで置いておいたら、殻を剥いて、縦半分に切ります。
  2. レタスときゅうりを千切りにします。香菜は3~4㎝の長さに切ります。ニラは半分くらいの長さ(生春巻きに収まる長さ)に切ります。
  3. 40℃くらいのお湯をフライパンに用意します(手を入れて気持ちがいいくらいの温度)。ライスペーパーをお湯にくぐらせ、まだ硬さが残っている程度に戻します。
  4. まな板の上に置き、レタスときゅうり、香菜を乗せ、一巻きし、両脇を織り込んでから、海老とニラを乗せて、さらに一巻きします。
いろいろ巻いて美味しい楽しい!海老の生春巻のレシピ・作り方

ポイント

生春巻を上手に巻くコツは、ライスペーパーを戻しすぎないこと。「バキッと折れはしないけれど、まだ固くて巻けなそう」くらいの状態まで戻ったら、具材を乗せ始めます。具材を乗せて巻いているうちに、どんどん柔らかくなってきます。戻しすぎると、くっついてしまって、上手く巻けなくなってしまいます。

いろいろ巻いて美味しい楽しい!海老の生春巻のレシピ・作り方
  レシピを提供した河野真希の主宰する料理教室
「つづくらす食堂」のサイトへ

 

合わせて読みたい

プロの料理家・河野真希が選んだ!今おすすめの調理器具10選!

プロの料理家「河野真希」が選んだ!今おすすめの調理器具10選!

料理をするには調理器具が必要です。「弘法筆を選ばず」という言葉がありますが、料理は腕だけでなく、道具次第で味や見た目が大きく変わることがあります。プロであっても目的に合わせてさまざまなものを揃えているのが当たり前のこと。便利で役に立つ...

 

YouTubeで動画配信はじめました!



誕生日の飾り付けの基本的な方法や本格的なパーティークラフトの演出アイデア、季節のイベントに合わせた手作りグッズのアイデアなど、これからどんどん動画コンテンツを増やしていく予定です!

「手作りでお祝い!」に興味がある方は、
ぜひ「チャンネル登録」お願いします!
Star Naming Gift

SNSでこの記事をシェアしよう!

The following two tabs change content below.
河野真希

河野真希

料理家・暮らしまわりのフリーライター
料理教室つづくらす食堂主宰。料理・洗濯・掃除・片付けなど、家事・暮らしまわり全般を請け負うフリーライター。料理教室では、簡単&時短で作れるレシピと、段取りを大事にした一汁三菜の献立をお教えしています。特別な食材や調味料は使わず、どこでも簡単に手に入る材料で、難しい手順や技術は必要なく、誰にでも再現しやすい料理をご提案していきます。