クリスマスに作りたい簡単チキン料理「カラフルぎゅうぎゅう焼き」の作り方

ぎゅうぎゅう焼き レシピ
23 0

数年前にInstagramなどのSNSで話題になった『ぎゅうぎゅう焼き』。今やそのアレンジも増え、定番料理のひとつといっても過言ではないほど有名になりました。

作り方はとっても簡単。天板に肉や野菜を天板に並べて、ハーブや塩などで味つけをしたら、オーブンで焼くだけ。天板ごとテーブルに出せる豪華で華やかな料理なので、パーティにぴったり。肉も野菜も一度に食べられて、栄養満点。あっという間に作れて、とっても美味しく、見栄えもよい一品です。

今回は、近づいてきたクリスマスに合わせて、華やかなクリスマスカラーの野菜たっぷりで作るぎゅうぎゅう焼きのレシピをご紹介します。

使う食材は、そのときの旬のものや冷蔵庫に残っているものを使えばいいので、クリスマスに限らず、春夏秋冬一年中楽しめますよ。おもてなしにはもちろん、忙しいときのワンプレート料理としても大活躍すること間違いなしです。

ぎゅうぎゅう焼き レシピ
 

材料(天板1枚分・5~6人分)

ぎゅうぎゅう焼き 食材 材料

鶏もも肉 2枚
鶏もも肉の下味
小さじ1/2
ブラックペッパー 少々
ローズマリー 2本
玉ねぎ 1個
じゃがいも
カブ 2個
レンコン 1/2節
ブロッコリー 1/2株
パプリカ(赤・黄) それぞれ1/2個
ローズマリー 2~3本
ローリエ 3~4枚
小さじ1
オリーブオイル 大さじ3

作り方

下準備

オーブンを200℃に予熱しておきます。

1.食材を食べやすい大きさに切ります。

ぎゅうぎゅう焼き レシピ 食材のカット

ぎゅうぎゅう焼き レシピ

鶏もも肉は一口大に切り、塩とブラックペッパー、ローズマリーの摘み取った葉を揉み込んでおきます。

ぎゅうぎゅう焼き レシピ

玉ねぎは皮を剥いて、くし切りにします。

ぎゅうぎゅう焼き レシピ

じゃがいもは皮を剥いて、一口大に切ります。耐熱容器に入れて、電子レンジ(600W)で2分ほど加熱しておきます。

ぎゅうぎゅう焼き レシピ

カブは1cmほど茎を残して、葉の部分を切り落とします。実の皮を剥いて、くし切りにします。

ぎゅうぎゅう焼き レシピ

レンコンは皮を剥き、半分に切ってから薄切りにします。

ぎゅうぎゅう焼き レシピ

ブロッコリーは小房に分けます。

ぎゅうぎゅう焼き レシピ

パプリカは半分に切って、種を取り除きます。裏側から型を押し当て、星形に抜きます。

 

2.クッキングシートを敷いた天板の上に食材を並べます。ぎゅうぎゅうに詰め込むのがポイント。彩りとなるパプリカは最後に並べてください。

ぎゅうぎゅう焼き レシピ クッキングシートの上に食材を並べる

ぎゅうぎゅう焼き レシピ クッキングシートの上に食材を並べる

 

3.ローズマリーとローリエを散らします。ローリエは手で大きめにちぎると、より香りが強く立ちます。

ぎゅうぎゅう焼き レシピ クッキングシートの上に食材を並べる

 

4.塩とオリーブオイルを全体に振りかけて、予熱しておいたオーブンに入れます。20~30分程度焼き、全体に火が通ったら、できあがり。

ぎゅうぎゅう焼き レシピ オリーブオイルをかける

ぎゅうぎゅう焼き レシピ レンジに入れる

ぎゅうぎゅう焼き レシピ 完成

ぎゅうぎゅう焼き レシピ 完成

 

クリスマス風にプレート周りをデコレーション

ぎゅうぎゅう焼き レシピ 完成 クリスマスデコレーション

ぎゅうぎゅう焼き レシピ 完成 クリスマスデコレーション

 

ポイント

ぎゅうぎゅう焼き レシピ 完成

ぎゅうぎゅう焼きはお好みの野菜で作ることができますが、火の通りにくい野菜(じゃがいも・にんじん・かぼちゃなど)は薄めに切るか、下茹でをしてから、天板に並べてください。

鶏もも肉を骨付きのもも肉や手羽元に変えると、より豪華な印象に。ひと手間かかりますが、足の部分にリボンを巻いて、食卓に並べれば、もっと華やかなできあがりになります。

  レシピを提供した河野真希の主宰する料理教室
「つづくらす食堂」のサイトへ

 

東京クリスマスディナー〜女子が憧れる素敵レストラン15選!

Star Naming Gift
この記事が役立ったら「いいね!」してね!
The following two tabs change content below.
河野真希

河野真希

料理家・暮らしまわりのフリーライター
料理教室つづくらす食堂主宰。料理・洗濯・掃除・片付けなど、家事・暮らしまわり全般を請け負うフリーライター。料理教室では、簡単&時短で作れるレシピと、段取りを大事にした一汁三菜の献立をお教えしています。特別な食材や調味料は使わず、どこでも簡単に手に入る材料で、難しい手順や技術は必要なく、誰にでも再現しやすい料理をご提案していきます。

RECOMMENDあなたにオススメの記事