父の日に!甘党&辛党お父さんのためのスイーツ&おつまみレシピ

6月第三週日曜日は父の日です。感謝の気持ちを込めて、お父さんが喜ぶ料理を作ってみませんか?
今回は甘党なお父さんのためにキャラメルムース、辛党なお父さんのために砂肝のコンフィのレシピと作り方をご紹介します。お父さんの好みに合わせて片方だけでも、どちらもイケちゃうお父さんには両方作ってあげるのもおすすめです。簡単手料理で日頃の感謝を伝えましょう。

ふわふわとろーりな口溶け♪キャラメルムース

ふわふわとろーりな口溶け♪キャラメルムース

材料(プリンカップ4個分)

キャラメルムース 材料(プリンカップ4個分)
マシュマロ 100g
牛乳 200ml
キャラメル 8個
ホイップクリーム 適宜
アーモンド 適宜
チョコレートチップ 適宜
ハーブ 適宜

作り方

キャラメルムース 作り方

【1】 牛乳とキャラメルを鍋に入れて弱火にかけ、沸騰しないように混ぜながら温めて、キャラメルを溶かします。

キャラメルムース 作り方

【2】 キャラメルが溶けたら、マシュマロを加えて、しっかりと溶かします。

キャラメルムース 作り方

【3】 器に入れて、冷蔵庫で30分以上冷やし固めます。

キャラメルムース 作り方

【4】 ホイップクリームやアーモンド、チョコレートチップ、ハーブなどで飾りつけます。

キャラメルムース
キャラメルムース

ポイント

材料を弱火で温めて溶かしたら、あとは器に入れて冷やすだけ。溶けるまでに少し時間がかかりますが、小学校高学年以降のお子さんなら、一人でも十分に作り上げることができますよ。ムースの上のトッピングはフルーツなど、お好みでどうぞ。

 

ビールが進む!砂肝のコンフィ

ビールが進む!砂肝のコンフィ

材料(作りやすい分量)

砂肝のコンフィ 材料
砂肝 300g
ローリエ 2枚
ローズマリー 2枝
小さじ1
ブラックペッパー 適量
ニンニク 2片
オリーブオイル 適量

作り方

砂肝のコンフィ 作り方

【1】 砂肝はつながっている部分を切り分け、厚さのある部分には2~3ヶ所の切り込みを入れます。

砂肝のコンフィ 作り方

【2】 フリーザーバッグに砂肝と塩、ブラックペッパー、ちぎったローリエ、ローズマリーの葉を摘み取って入れ、しっかりと手で揉み込んだら、冷蔵庫で1時間以上置きます。

砂肝のコンフィ 作り方

【3】 皮を剥いてつぶしたニンニクと砂肝がかぶる程度のオリーブオイルをフリーザーバッグに入れます。鍋にお湯を沸かし、沸騰したら弱火にし、フリーザーバッグごと沈めて、1時間程度加熱します。

ビールが進む!砂肝のコンフィ
ビールが進む!砂肝のコンフィ

ポイント

砂肝は白い部分を取り除く下処理をしてから調理するのが一般的ですが、ここでは時間をかけて柔らかく加熱するので、そのまま使っています。気になる方は白い部分を包丁で取り除いてください。フリーザーバッグは必ず100℃以上の耐熱温度があるものをご使用ください。それ以下のものだと加熱中に破れてしまうことがあります。調理後熱湯消毒した瓶などに密閉すれば、冷蔵庫で2週間程度保存可能です。たっぷり作って、少しずつ楽しんでいただくのもおすすめです。

  レシピを提供した河野真希の主宰する料理教室
「つづくらす食堂」のサイトへ >>

河野真希のパーティー料理レシピ
全てのパーティー料理レシピを見る >>
 

合わせて読みたい

プロの料理家・河野真希が選んだ!今おすすめの調理器具10選!

プロの料理家「河野真希」が選んだ!今おすすめの調理器具10選!

料理をするには調理器具が必要です。「弘法筆を選ばず」という言葉がありますが、料理は腕だけでなく、道具次第で味や見た目が大きく変わることがあります。プロであっても目的に合わせてさまざまなものを揃えているのが当たり前のこと。便利で役に立つ...

 

YouTubeで動画配信はじめました!



誕生日の飾り付けの基本的な方法や本格的なパーティークラフトの演出アイデア、季節のイベントに合わせた手作りグッズのアイデアなど、これからどんどん動画コンテンツを増やしていく予定です!

「手作りでお祝い!」に興味がある方は、
ぜひ「チャンネル登録」お願いします!
Star Naming Gift

SNSでこの記事をシェアしよう!

The following two tabs change content below.
河野真希

河野真希

料理家・暮らしまわりのフリーライター
料理教室つづくらす食堂主宰。料理・洗濯・掃除・片付けなど、家事・暮らしまわり全般を請け負うフリーライター。料理教室では、簡単&時短で作れるレシピと、段取りを大事にした一汁三菜の献立をお教えしています。特別な食材や調味料は使わず、どこでも簡単に手に入る材料で、難しい手順や技術は必要なく、誰にでも再現しやすい料理をご提案していきます。