【マリオ風パーティー演出アイデア】パックンフラワーの2段トレーを作ってみた!

マリオ パックンフラワー お菓子トレー 作り方
0 0

息子の5歳の誕生日に、マリオをテーマにした誕生日パーティーを開きました。
昨年のクリスマスにwiiをプレゼントしてから、すっかり兄弟でマリオにはまって、暇を見つけては二人で仲良く(時々喧嘩しながら)楽しんでいます。
そんな訳でマリオモチーフの手作りパーティーグッズをいろいろ考えて作ったりした訳なんですが、この記事ではその中でも一番の力作である「パックンフラワー」モチーフのお菓子入れ2段トレーをどうやって作ったかを、簡単にお伝えしたいと思います。

パックンフラワーの2段トレー

作るのに使った材料

1. 底の深い紙皿を2種類

パックンフラワーの頭の部分に使いました。
中ぐらいサイズ2枚と、それよりやや小さいサイズ1枚の計3枚を使いました。

2. サランラップの芯

パックンフラワーの茎の部分に使いました。

3. 段ボール

土管を作るのに使いました。

4. 緑色のガムテーム

段ボールで作った土管とパックンフラワーの茎に貼付けて緑色にするのに使いました。緑色のガムテームは100円ショップのキャンドゥに売ってました。

5. 緑色の画用紙

葉っぱの部分に使いました。

 

パックンフラワー2段トレーの作り方

1. 緑色の土管を作る

マリオ・パックンフラワーの2段トレー

マリオのゲームの中で、パックンフラワーが飛び出てくる、あの土管を作ります。
ネットで買い物した時などの段ボールを利用しました。適当なサイズにカットして円形サイズの異なる筒を2つ作ります。上部のやや大きい方の筒は、2段トレーの下の紙皿がぴったり収まるようにサイズを計算して作る必要があります。それぞれの筒に緑色のガムテープを張り合わせて土管を緑色にします。最後に2つの筒をテープなどで接着させたら土管の完成です。

2. パックンフラワーを作る

マリオ・パックンフラワーの2段トレー

まず大きさの違う2つの紙皿それぞれに赤いマジックで色を塗ります。赤い地に白い斑点があるように塗っていき、パックンフラワーの頭の部分を作ります。大きい方の紙皿が下になるように2つの紙皿をホッチキスとテープでくっけます。さらに白い紙をギザギザにカットしてパックンフラワーの歯を付けます。

次にサランラップの芯で茎の部分を作ります。緑色のガムテープをぐるぐるに巻き付けて緑色の茎に見えるようにします。上下それぞれの端っこに8箇所ぐらいずつ1cm程の切り目を入れ、下段のトレーになる紙皿と上段トレーになる頭をボンドやノリなどで接着します。最後に緑色のが用紙で葉っぱを作り、テープで茎に接着したらパックンフラワーの完成です。

3. 土管の上にパックンフラワー乗せたら完成!

マリオ・パックンフラワーの2段トレー

最後に完成した土管の上にパックンフラワーを乗せたら完成です!上下2段の紙皿にお菓子を入れることができます。お菓子が多くて入りきらない場合は、土管からパックンフラワーを下ろせば、土管もお菓子トレーとして使えます。

 

実際のパーティーの様子

マリオをテーマにしたキッズパーティーの様子

実際の誕生日パーティーではパックンフラワー以外にも、マリオをテーマにしたパーティー演出グッズをいろいろ作ったり、マリオのバースデーケーキを注文したりして、マリオの世界観を体感できるように色々工夫しました。もちろん子供たちも大喜びだったので、今回いろいろ頑張って作って良かったです(^^)
マリオをテーマにしたキッズパーティーの詳しいレポートはこちら>>

関連情報

PICK UP!注目のテーマ別パーティー演出グッズ

 
この記事が役立ったら「いいね!」してね!
The following two tabs change content below.
ナベチン

ナベチン

バースデークラフト作家
2004年に誕生日祝いに関する情報サイト「Happy Birthday Project」を立ち上げ、サプライズや手作り演出など、誕生日祝いの実践を重ねながらサイトを10年以上運営中。 2014年からハンドメイドのバースデークラフト作家としての活動も開始。2015年には「Birthday Crafts .inc」を設立。

RECOMMENDあなたにオススメの記事