母にとっては人生初?のサプライズお誕生会

母にとっては人生初?のサプライズお誕生会
2 0

2011年9月

毎度のことながら母の誕生日祝いはいつも「妻に今年はどうする?」と言われて「あっ、そうだったね!」って感じでギリギリになってから考えはじめるという、非常にダメ息子的な状況から始まり、妻のナイスアイデアで結果的に良い誕生日祝いになるというパターンなんですが、今年は妻のアイデアプラス、娘のやってみたい願望も加わり、結果的にとても良いお誕生会になりました。

その娘の「やってみたい願望」というのが、サプライズで部屋の中を誕生日の飾り付けをして、帰ってきたらクラッカーを鳴らすという、スタンダードなサプライズ。

この前、僕が妻の誕生日にやったサプライズ誕生会を見て、自分もおばあちゃんにやってみたくなった様です。

だいたいの誕生日企画が決まり、気がついたら誕生日1週間前。。。

まずはプレゼント探しと、バースデーケーキ探し。

プレゼントは、ショッピングカートと、メイクボックスで迷ったあげく、最後は娘の意見を尊重し、とメイクボックスに決定!

バースデーケーキは、amazonで見つけた、木いちごがいっぱい乗っていて美味しそうな「木いちごレアチーズケーキ 20cm
」を注文しました。

それから会社帰りに、恵比寿の松坂屋ストア2階にある100円ショップ「キャンドゥー」でおりがみと花飾り、両面テープ、風船など、飾り付けに必要な素材を購入。
最近、誕生日グッズは100円ショップを利用してます。いろいろ買い揃えても大体1000円以内で収まっちゃいますから素晴らしいです!
これで事前準備はOK!

そして誕生会当日。
母は朝の10時頃におでかけ。
事前に姉夫婦にお願いして、午前中から母と映画を見る約束をしてもらってました。
その間に、妻は料理の準備をし、僕と娘は部屋の飾り付け作業を開始!

娘は最近幼稚園で輪飾りを作ったりしていらしく、得意げにいろんな色の紙を繋げて輪飾りを作っていました。
そして二人で頑張って作った飾り付けが↓↓↓こちら!

自分で言うのもなんですが、手作り感いっぱいでなかなかイイ感じの出来栄え 笑

料理の準備も完了し、30分前ぐらいに、サプライズゲストのM子さん(母の妹)も到着。
これで全ての準備が完了!(母と出かけている姉たちに、夕飯をうちで食べないか?という誘いをしたことになっています)

母の到着予定時刻は午後3時。その10分前に姉から駅に到着したとの連絡が入り、とりあえず何となくみんなで待機・・・。

そして10分後、ドアを開ける音が・・・!!!
みんなクラッカーを片手にリビングの扉の陰に隠れました。
娘はサプライズをするのもクラッカーを鳴らすのも初めてでワクワクドキドキって感じで楽しそうでした。(^o^)
そして母がリビングに入って来た瞬間に一斉にクラッカーを鳴らしました!
まったくサプライズに気がついていなかった母は、驚いて一瞬あっけにとられた顔をしていましたが、サプライズゲストのM子さんがいるのに気がついて大爆笑!!!
そんな感じで笑えるサプライズで大成功でした(^0^)V

さて、それからお誕生会のはじまりです。

司会進行は娘が務めました。
お気に入りのドレスまで着て、ヤル気マンマン!(笑)

自分でノートに書いておいた文章を一生懸命に読んで頑張って司会をこなしてくれました。

それから妻の準備してくれた手巻きずしをみんなでワイワイ食べながら、今回のサプライズの事前の打ち合わせなどの裏話などをしたりして、盛り上がりました。

そして、本人よりも子供たちの方がお待ちかねだったバースデーケーキタイム!
予想通り、誕生日じゃない息子が率先してキャンドルに息を吹きかけてました(笑)

そして、娘からプレゼントを手渡して、オマケでピアノの演奏も披露。
ハプニングも演出も子供たちがいると、何だかとっても微笑ましい雰囲気になります。

因みにプレゼントしたメイクボックスは予想以上に喜んでもらえたので良かったです。
母は今年で76歳ですが、今でも出かけるときはしっかりメイクして出かけます(笑)

そんな感じで今回はみんなの協力のおかげで、
とってもいいお誕生会にすることができました(^^)v

やっぱりサプライズはサプライズ慣れしてない人に仕掛ける方が何か楽しいですね!
さて今度は誰に仕掛けようかな・・・? なんて無闇やたらにするもんじゃないですね。

それから今回注文したケーキはとっても美味しくて大好評でした。
amazonで簡単に注文できるのでオススメです!

最高級洋菓子
シュス木いちごレアチーズケーキ 20cm 本州送料無料

この記事が役立ったら「いいね!」してね!
The following two tabs change content below.
ハピバ編集部

ハピバ編集部

ハッピーバースデープロジェクト編集部(ハピバ編集部)で作成した記事。誕生日のお祝いに関するネタを幅広い視点でいろいろ発信していきます。

RECOMMENDあなたにオススメの記事