ホワイトデーにプロポーズ!フラワーギフトを使ったサプライズプロポーズの演出アイデア10選!

ホワイトデープロポーズアイデア

彼女へのホワイトデーのお返し。いつかは結婚も・・・なんて考えている大切な彼女へのプレゼントなら、今年は思い切ってサプライズプロポーズをしてみませんか?
彼女もあなたと同じように結婚を考えているのなら、予想の上を行くサプライズなホワイトデープレゼントに、彼女も感動すること間違いなし!
今回は、プロポーズギフト専門店「メリアルーム」さんにご協力いただき、フラワーギフトを使った素敵なホワイトデープロポーズの演出アイデア(エピソード)10選をご提供いただきましたので、ぜひプロポーズの参考にしてみてください。

資生堂マキアージュ ドラマティックルージュEXバナー336_280

プロポーズアイデア〜エピソード1

クリスマスディナーでサプライズプロポーズ

バレンタインのお返し“レストランディナー”でプロポーズ

毎年ホワイトデーは、デートの帰りにチョコやクッキーなどのお菓子を彼女にプレゼントするのが定番でした。

でも今年は今までとは違い、彼女にプロポーズをしようと思っていたので、
ホワイトデー当日は、バレンタインチョコのお返しにレストランでディナーをすることにしました。

レストランには事前にデザートプレートを頼んでおき、
メインの料理のあとにウエイターさんに持ってきてもらいました。

「美味しそう~、ありがとう!」見た目も可愛らしいチョコレートのプレートに
大満足の様子の彼女でしたが、まだホワイトデーのサプライズは終わっていません。

「もうひとつ、バレンタインのお返し」
そういって、用意しておいた1本の赤バラを渡しました。

彼女とは付き合って5年になりますが、今まで花のプレゼントをしたことがなかったので、
バラの花をもらうなんて想像もしていなかったようで、「え、どうしたの?!!」と戸惑いつつも、
「可愛い!良い香りだね、ありがとう♪」と大喜びでした。

「1本のバラの花言葉は“あなたしかいない”って意味なんだって」と彼女に伝えたあと、

「僕と結婚してくれませんか?」とプロポーズすると、彼女は嬉しそうな笑顔を浮かべて「はい!」とOKしてくれました!
帰り道もずっとバラを見つめて幸せそうにしている彼女を見て、僕まで幸せな気持ちになりました。

これまでバレンタインのお返しには、お菓子やハンドクリームなどをプレゼントしていましたが、
今回贈ったバラは、今までで一番喜んでくれたプレゼントかもしれません!

これから誕生日やホワイトデーには、花を添えて彼女にプレゼントしたいと思います。

このプロポーズのココがポイント

女性にとって理想のホワイトデーの過ごし方No.1は、バレンタインのお返しディナー♪
ホワイトデー当日は、誕生日や付き合った記念日と違ってプロポーズされると思っていない女性が多いので、
きっと夢のようなサプライズになるはずです☆

オススメの商品

ずっと枯れない、世界に1本の赤いバラギフト「メッセージローズ人気No.1赤バラ(黒花瓶付き)」

ずっと枯れない、世界に1本の赤いバラギフト「メッセージローズ人気No.1赤バラ(黒花瓶付き)」

価格:17,050円

 

プロポーズアイデア〜エピソード2

ホワイトデーのプロポーズ演出アイデア

ホワイトデー当日、彼女の家に花束が届くサプライズプロポーズ

バレンタインデーのときに、結婚の話が進んだこともあり、
今年のホワイトデーは彼女にプロポーズをしようと決めていました。

でも仕事の関係で当日会えないことになり、彼女の家に直接プレゼントを送ることにしました。

彼女から婚約指輪はいらないと言われていたので、プロポーズのプレゼントには“赤いバラ12本の花束”を選びました。

12本の赤バラは、「ダズンローズ」といわれ、それぞれ“感謝・誠実・幸福・信頼・希望・愛情・情熱・真実・
尊敬・栄光・努力・永遠”という結婚に大切なメッセージが込められているそうです。
ダズンローズは、ローズセレモニーとも言われていて、最近結婚式でも人気らしいです。
直接会ってプロポーズできなくても、花の本数で自分の気持ちが伝わるかなと思ったのが決め手です。

ホワイトデー当日の夜はずっと家にいると聞いていたので、19~21時の間にバラの花束が届くように手配しました。

バラの花束を贈るだけだと、プロポーズだと気が付いてもらえるか不安だったので、
お花屋さんに相談して、彼女の名前やメッセージを入れられるアートフラワー(造花)に。

バラの花びらには「Marry me?(結婚して下さい)」のメッセージと彼女の名前を入れてもらい、
メッセージカードに「今日は会えないけど、あとで直接僕の言葉で言わせて下さい」と書いて送ってもらいました。

ホワイトデー当日、仕事が終わったタイミングでスマホを見ると、彼女から着信が残っていました。
ドキドキしながら急いで彼女に電話をすると、「プレゼント届いたよ、ありがとう~!」と涙交じりの声。

「手紙の続きだけど、僕と結婚して下さい」と電話越しで伝えると、彼女は号泣しながら
「うんうん」と言ってくれて無事成功しました!

思い出に残るプロポーズとなりました、これから結婚に向けて準備を進めているところです♪

このプロポーズのココがポイント

ホワイトデー当日に会えなくても、プロポーズできます♪

当日会うことが難しくても、彼女に自分の気持ちを伝えたいという彼の優しさと、
プレゼントを受け取った彼女からの喜びが微笑ましいですね。

オススメの商品

12本のバラに想いを込めて・・「ずっと枯れないバラの花束」

ずっと枯れない花束「12本の赤バラの花束とガラス花瓶セット(ダズンローズ)」

価格:29,900円

 

プロポーズアイデア〜エピソード3

ホワイトデーのプロポーズ演出アイデア 手料理

同棲中の彼女に手料理でおもてなし♪お家プロポーズ

彼女とは学生時代からの付き合いで、同棲して6年目になります。

いつも仕事が忙しいのを理由にして、彼女に家事を任せてばっかりだったので、
ホワイトデーは初めて手料理をふるまうことにしました。

同棲期間が長いこともあり、プロポーズもしないまま流れで結婚…という雰囲気だったのですが
男として決める時はビシッと決めたいと思い、ホワイトデーにプロポーズをすることにしました。

いつも休みの日は一緒に過ごすことが多いので、プロポーズに贈るプレゼント探しは苦労しました。
最初は婚約指輪を探していましたが、デザインがたくさんありすぎてわからなくなったのと
彼女に内緒でお店に行くことも難しかったので、婚約指輪がなくても
箱をパカっと開けるプロポーズができる“プロポーズボックス”を用意しました。
お店に行かなくても、仕事の休憩中にインターネットで注文できたので、助かりました!

ホワイトデー当日は、彼女が遊びにでかけていたので、
家に帰ってくるまでにこっそりと夕食の準備をしました。
今まで料理をしたことは、ほとんどなかったのですが、
会社の上司に紹介してもらったミールキットを頼んでおいたので、
買い物の必要もなく、メニューに迷うこともなくスムーズでした。

レストランで食べるコース料理を、自分であっというまに作れてしまったので、
料理の才能があるのではないか…と錯覚してしまいそうでした(笑)

彼女が帰ってくるタイミングで、電気を消しておきました。
部屋に入って、彼女が電気をつけると、目の前には豪華なディナーが!

目の前に広がる光景に「作ったの?!どうやって?!美味しそう!」とコートを着たまま大興奮でした。

そのまま勢いで、用意していたプロポーズボックスをパカっと開けて
「ちゃんと伝えられていなくてごめん、結婚しよう」と気持ちを伝えました。

彼女はプロポーズをされるなんて思ってもいなかったようで、
「もちろん、これからもよろしくお願いします!」と嬉しそうに返事をしてくれました。

二人にとって一生忘れないホワイトデーとなりました。

このプロポーズのココがポイント

結婚が決まっていても「プロポーズしたい!」という彼の気持ちが嬉しいですね。

プロポーズをしないまま入籍日を迎える方や、「もう一度プロポーズしたい!」と未練がある方に
オススメしたいサプライズプロポーズです。

オススメの商品

白いバラで叶える「箱パカ」プロポーズ「プロポーズボックス(ピンク)」

白いバラで叶える箱パカ・プロポーズ「プロポーズボックス(ピンク)」

価格:13,750円

 

プロポーズアイデア〜エピソード4

ホワイトデーのプロポーズ演出アイデア 手紙

シャイで口下手な男性でも「手紙+花」で感動的なプロポーズになるプロポーズの本♪

付き合って2年目の彼女とは、将来の話をすることが多くなり、
彼女も結婚したいという気持ちを伝えてくれていたので、ホワイトデーにプロポーズをしようと計画しました。

今まで気の利いたプレゼントをしたことがなく、旅行やデート、食事も彼女任せの僕は
何をプレゼントしたらいいのか、どこでプロポーズしたらいいのかわからず悩みました。

婚約指輪を買いに行くにもサイズがわからないのでインターネットで色々と調べていたら、
「LoveBook(ラブブック)」というプロポーズの本に出会いました。

LoveBook(ラブブック)には、ページの中に二人の名前と日付、彼女へのメッセージをいれることができると知り、
また、彼女に本のページをめくってもらうことでプロポーズ演出ができるということで
これならプロポーズ当日、緊張せずに渡せそうだなと思いました。

今までに手紙を書いたこともありませんでしたが、サンプルがあったので、思ったよりスラスラと書けました。
注文したあとメッセージに誤字脱字がないかもチェックをしてくれるサービスもあり、安心して注文できました。

そして、ホワイトデー当日、彼女と横浜で待ち合わせをして買い物をしたり、食事をして過ごしました。
夕方頃に僕の家に行き、二人でくつろいでいるタイミングで、
「これ、バレンタインのお返し」と言って彼女に渡しました。

彼女は「嬉しい、ありがとう♪開けていい?」と言って、リボンを解きページをめくります。
最初のページには「LoveBook」の意味、次のページには僕が初めて彼女に書いた手紙が入っています。

彼女が嬉しそうに手紙を読んだあと、付属のハート型の鍵で南京錠を開けて、ページをめくると
そこにはピンクの桜でできたアーチ(橋)が登場します。

桜にみとれている彼女に「蝶々を見て」と誘導して、蝶々に付いているハートプレートに彫刻された
「Marry me?(結婚してください)」のメッセージを読んでもらいました。

彼女は「すごい嬉しい!大切にするね、ありがとう」と目に涙を浮かべながら答えてくれました。

プロポーズ当日は、想像以上に緊張しました、直接自分の言葉だと、スムーズにしゃべれなかったと思います…!
事前に手紙を書くことで、彼女への感謝や気持ちも改めて実感できたので、よかったなと心から思いました。

このプロポーズのココがポイント

実際にスマートにプロポーズできる男性の方が意外と少ないんです…!

彼女にとって特別な日と思っているからこそ、プロポーズの場所やプレゼント、言葉に迷ってしまいます。
そんなときに“お手紙”は、素直な想いを伝えるができ、ずっと形に残すことができますよ♪

オススメの商品

満開の桜のサプライズプロポーズ「Love Book -桜・Sakura-」

満開の桜のサプライズプロポーズ「Love Book -桜・Sakura-」

価格:30,800円

 

プロポーズアイデア〜エピソード5

家でシンデレラの映画を観た後にプロポーズ

家でシンデレラの映画を観た後に、本物のガラスの靴をプレゼント

映画が大好き彼女とは、よく休みの日に一緒に家で映画を観ています。

交互に観たい映画を選んでいるのですが、ホワイトデー当日も
特にでかける予定を立てていなかったので、家でゆっくりと映画を観ることに。

その日が自分の番というのを利用して、彼女が好きなシンデレラの映画を選び、
本物のガラスの靴をプレゼントしてプロポーズしようと計画しました。

いくつもあるガラスの靴から、選んだのは「彼女の名前入り」のデザイン。
よく自分のイニシャルが付いたポーチやタオルを持っているので、彼女が好きそうだなと思い、即決しました。

一緒に住んでいるので、彼女にバレないように実家に置いておきました。

そしてホワイトデー当日、部屋を暗くして「シンデレラ」の映画を流しました。
シンデレラの映画が始まると僕のセレクトに「えー意外!」と笑いながらも喜んでくれました。

映画がクライマックスにかかる前に、トイレに行くフリをしてガラスの靴を準備して、
ソファの後ろに置き、王子様がシンデレラを見つけて、ガラスの靴を履くラストシーンで、
用意してあったガラスの靴を取り出し、「僕のプリンセスになってください!」と跪いてプロポーズ。

普段と違う僕の行動に、彼女は「何なに?!」と爆笑しながらプロポーズを承諾してくれました。

ディズニー好きな彼女なので、ディズニーランドやシーでのプロポーズも少し考えていましたが
僕としては、家でのプロポーズだからこそ思い切って伝えられたので大満足しています。

彼女に後日聞くと、彼女も「人前でのプロポーズは恥ずかしいから、家でのプロポーズが嬉しかった」とのこと。

今は、毎日部屋に飾ってあるガラスの靴を見ながら、楽しく入籍の準備を進めています。
一生に一度のプロポーズなので、ずっと形に残るものをプレゼント出来てよかったなと思っています。

このプロポーズのココがポイント

シンデレラ好きな彼女にとって「ガラスの靴」のプレゼントは永遠の憧れ♪

特に名前入りや日付入りが入る“世界にひとつのオンリーワンギフト”は嬉しいポイントです。

オススメの商品

アナと雪の女王をイメージした「シンデレラのガラスの靴(プリンセス・ブルー)」

アナ雪をイメージした「シンデレラのガラスの靴(プリンセス・ブルー)」

価格:25,300円

 

プロポーズアイデア〜エピソード6

お花見デートの帰り道にプロポーズ

お花見デートの帰り道、車の中で“桜のテディベア”と一緒にプロポーズ

彼女と毎年楽しみにしている河津桜のドライブデート♪

そんな二人の思い出の場所である河津桜でプロポーズしようと計画しました。

毎年桜の開花(花見)シーズンは、道路が渋滞し、川沿いの通りも人で埋め尽くされるので、
なかなか二人きりになれる場所がありません。

そこで、二人きりになれる車の中でプロポーズしようと決めました。

ホワイトデー当日、まずは駐車場に車をとめて、川沿いを散歩しながら
スマホで写真を撮り合ったり、屋台でお団子を食べて河津桜を楽しみました。
途中で車に忘れ物をしたと言って、彼女に待っていてもらい車に戻りました。

そして、急いで車に隠していた桜の花で作られたテディベアを置いて、
さらに婚約指輪の入った箱をテディベアに持たせるようにセットしました。

彼女と合流して、「そろそろ車に戻ろうか」と一緒に車へ戻ったのですが、
話に夢中な彼女は全く後部座席を見ようとしません。
※(後日談)もう辺りは暗くなっていたので、後部座席のライトを点けておけばよかったなと思います。

焦った僕は彼女に「後ろを振り向いて」と伝えると
後部座席には彼女の大好きな桜の花で作られたテディベアと箱が置かれています。

びっくりして泣きそうな彼女に向かってテディベアが持っている箱を取り出して
「結婚しよう。来年も再来年も一緒にお花見に来ようね。」と言って箱をパカっと開けてプロポーズしました。

プロポーズのときに何を言おうか、色々と考えていたのですが、
いざプロポーズとなるとなかなかセリフが出てこなくて、結局王道のセリフになってしまいました。
それでも彼女は満面の笑みでOKしてくれました。

二人の思い出が場所が、さらに特別な場所になりました。
彼女は「来年もこのテディベアを連れて、ここに来る!」と意気込んでいます。
永遠の愛を願って、108輪(=永遠 トワ)の桜を使用しているそうです。
また来年もこの場所にくるのが楽しみです。

このプロポーズのココがポイント

彼女と毎年訪れる場所や告白をした場所、二人の思い出の場所でのプロポーズが嬉しくない女性はいません。

プロポーズの際は「また、来年も行こうね」の気持ちも忘れずにお伝えくださいね♪

オススメの商品

桜ベアー

春にぴったりなお花のテディベア「桜ベアー(108輪の桜製テディベア)」

価格:33,000円

 

プロポーズアイデア〜エピソード7

美女と野獣のお城前でプロポーズ

美女と野獣のお城前で、永遠に枯れない“赤バラ”をプレゼント

ディズニーの中でも「美女と野獣」のベルが大好きな彼女は、
ディズニーランドの美女と野獣のお城エリアがオープンするのをずっと楽しみにしていました。

オープン後、彼女が「ディズニーランドに行きたい!」と言うので、
ディズニーランドのチケットを予約して、ホワイトデーに行くことにしました。

彼女は前日の夜から楽しみで眠れなかったようで、電車の中でも興奮ぎみでした。

そして、オープンと同時に新しく出来た「美女と野獣のお城」エリアへ。

足を踏み入れた瞬間から、彼女の一番好きな映画である“美女と野獣”の世界が広がっていて
その世界観に彼女はテンションがあがりまくり、僕自身も感動してしまいました。

プロポーズは「美女と野獣のお城」の前と決めていましたが、
想像以上に人がたくさんいたので、タイミングをなかなかつかむことができませんでした。

ある程度、場所を把握できたので、一旦あきらめて暗くなってからリベンジすることに。

辺りが暗くなってきたところで、「ライトアップも見たいから、もう一回行こうよ」と提案すると彼女は大喜びでした。

それでも周りに人がたくさんいたので、美女と野獣のお城が見える、人が少ない場所に彼女を連れていき、
1本の赤バラを差し出してプレゼントしました。

そこではプロポーズの言葉ははっきりと伝えませんでしたが、美女と野獣が大好きな彼女にとって
1本の赤バラが持つ意味を誰よりも知っていたので、プロポーズだと気付き涙を流して喜んでくれました。

そのあとは記念撮影をしたり、もちろん美女と野獣の新アトラクションにも乗りました♪
「結婚式もバラいっぱいにしたいね、ディズニーホテルで結婚式も憧れる♪」なんて彼女は早くも
結婚式のイメージがふくらんでいるようで、そんな彼女の姿に
この場所でプロポーズしてよかったなと心から思いました。

このプロポーズのココがポイント

2021トレンドのプロポーズ場所は「美女と野獣のお城」前です♪

「美女と野獣」の映画を観たことがない男性は、訪れる前に映画を観ておくことをおすすめします。

オススメの商品

ずっと枯れない、世界に1本の赤いバラギフト「MESSAGE ROSE」

ずっと枯れない、世界に1本の赤いバラギフト「メッセージローズ人気No.1赤バラ(黒花瓶付き)」

価格:17,050円

 

プロポーズアイデア〜エピソード8

キャンプで夜空を見ながらプロポーズ

キャンプ中に夜空の下でホットココアを飲みながら「結婚しよう」

最近、彼女とはまっているキャンプ。

そのキャンプ仲間の友人が、キャンプ場で彼女にプロポーズしたと聞き、
僕もキャンプ場でプロポーズしたいと思い計画しました。

いつもは友人含めて大人数で行くので、二人きりのキャンプに
「大丈夫かな~」と心配しつつも嬉しそうな彼女。

二人で作った夕飯を食べ終えて、チェアに座って星空を眺めている最中で、
彼女に「チョコレート食べる?」といってプロポーズボックスを渡しました。
本当は箱をパカっと開けてプロポーズしたいと思っていましたが、
箱をパカっと開けるのが恥ずかしかったので彼女に箱パカしてもらいました。

「チョコレート?ありがとう~!」
彼女が嬉しそうに箱を開けると、そこにはバラの花と中心に光る石。
「真ん中に光っている石を引っ張てみて」と伝えて
彼女が石を引っ張ると、バラの中から「Marry me?(結婚して下さい)」と印字されたフェイクの指輪が登場します。

彼女は突然のサプライズに喜びながら「もちろん!」と返事をしてくれました。

初めての二人きりのキャンプから彼女はなんとなくプロポーズされると気付いていたようですが、
星空の下でのプロポーズに感激してくれました。

プロポーズするなら、レストランかホテルかなと思っていましたが
キャンプは、共同作業も多く、お互いに助け合いながら準備できるので、
二人の距離が自然と近くなり、実はプロポーズしやすい場所だったのかなと思いました。

帰り道は将来の話になり、家族が増えたときにキャンプに行くことを想像してワクワクしました!

このプロポーズのココがポイント

今20代~30代の間で流行しているキャンプ、グランピングでのプロポーズ☆

箱パカするのが恥ずかしい男性は、女性にパカっと開けてもらうのもオススメですよ♪

オススメの商品

赤いバラで叶える箱パカ・プロポーズ「プロポーズボックス 赤薔薇(ダイヤモンドローズ)」

赤いバラで叶える箱パカ・プロポーズ「プロポーズボックス 赤薔薇(ダイヤモンドローズ)」

価格:18,590円

 

プロポーズアイデア〜エピソード9

花びらとキャンドルが続く道の先にある50本の赤バラ!

花びらとキャンドルが続く道の先にある50本の赤バラがあるプロポーズ

付き合って3年目の彼女に、そろそろプロポーズしたいと思い計画しました。

彼女の誕生日やクリスマスはまだ先だし、いつのタイミングでプロポーズしようかなと思いましたが、
次に彼女と会う約束がホワイトデーだったので、その日にしようと思いました。

調べてみると、3月14日はホワイトデー以外に「円周率の日」だそうです。
円周率は数字が無限に続く(無理数)ことから、いつまでも“縁”が続くという意味があるそうで、プロポーズにぴったりだなと思いました。

ホワイトデーはレストランやホテルが混み合うと聞いていたので、早めにホテルを予約しました。

そしてホワイトデー当日、彼女との待ち合わせより2時間ほど早くホテルに向かい、チェックインの手続きを済ませました。
前日にホテル宛に送っていたプレゼントを受け取り、急いで部屋に向かいます。

ドアの入り口からベッドまで、用意していた花びらとキャンドルで道をつくり、
ベッドの上にメインのプレゼントである50本の赤バラの花束を置いておきました。

最初は彼女がお風呂に入っている間に準備をしようと思っていましたが、
他の人の体験談で「意外と時間がない(男性)」や「記念に写真を撮る時にすっぴんだと恥ずかしい(女性)」という
意見が多く挙がっていたので、それも踏まえて部屋に入ってすぐに実行することに。

部屋もプロポーズを意識して、窓から東京タワーが見える、いつもよりグレードアップした部屋を予約しておきました。

準備を終えた後、彼女との待ち合わせ場所に向かい、何事もなかったかのようにホテル内のレストランで食事をしました。
※そのときにバレンタインのお返しとしてチョコレートを渡し、彼女を油断させておくことも忘れずに。

彼女にロビーで待っててもらい、チェックインを済ませるふりをして部屋に向かいました。

彼女にドアを開けてもらうと目の前にはバラの花びらとキャンドルでつくられた道が…!

「え?え?」すでに涙でいっぱいの彼女の手を取り、エスコートして
ベッドの上に置かれている50本のバラの花束を彼女に渡して「結婚してくれませんか?」とプロポーズしました。

彼女からの返事はわかっていましたが、あんなに嬉しそうな彼女を見たのは初めてかもしれません。

ホワイトデーにプロポーズしている人って意外と多いんですね!
調べる際に友人に聞いたり、インターネットで検索しましたが、ホワイトデーのプロポーズ情報や
経験談がたくさん出てきたので、しっかりとリサーチしながら当日を迎えることが出来ました。

プロポーズはちゃんとしたいと思っていましたがこんなに喜んでもらえるなんて、本当にびっくりしました!

プロポーズを計画している友人や会社の後輩に、今度は僕がオススメしたいと思っています。

このプロポーズのココがポイント

そうです、3月14日はプロポーズ以外に「円周率の日」といわれています。

「そんなことまで考えて、プロポーズする日を決めてくれたんだな」と思うので、
ぜひプロポーズしたあと、彼女に意味も伝えてあげて下さいね。

オススメの商品

女性の願望から生まれたフラワーギフト「ダイヤモンドローズフラワーTiAmo(ティアモ)」

女性の願望から生まれたフラワーギフト「ダイヤモンドローズフラワーTiAmo(ティアモ)」

価格:88,000円

 

プロポーズアイデア〜エピソード10

ホワイトデー当日、部屋でチョコレートを持った「ローズベア」がお出迎え

ローズベアのプロポーズ

付き合って2年の私たちはとにかく“サプライズ”が大好きです。
お互いの誕生日やクリスマスは、どっちの方が相手を驚かせることができるかいつも計画をたてて楽しみます。

そんなサプライズ好きな彼女へのプロポーズなので、
プレゼントも皆と同じじゃつまらないと思い、探していたところ
365輪で出来た赤バラのテディベアを見つけました。

きっと彼女もこんなものがあるなんて知らないと思い、「これだ!」と注文しました。
実際に届いて中身を確認しましたが、完成度の高さに驚きました。

実際にホワイトデー当日まで、早く渡したくてうずうずしていました。

彼女が仕事に行っている間に、部屋にベアをセットし、バレンタインのお返しのチョコレートの箱を持たせました。

彼女が仕事から帰ってくると、すぐにベアを見つけて「可愛い~!!!」と大喜び。

「365輪のバラでできているテディベアだよ、おじいちゃんおばあちゃんになっても365日ずっと一緒にいようね。」とプレゼントしたところ、

「今までで一番のサプライズだよ、ありがとう!!!」彼女は感動のあまり抱き着いて喜んでくれました。

今は両家の顔合わせに向けて準備を進めている最中ですが、そのときもベアを飾ろうと計画しています。

このプロポーズのココがポイント

365輪のベアは、彼女への想いを伝えるアイテムにぴったり♪

当日会うことが難しくても、彼女に自分の気持ちを伝えたいという彼の優しさと、
プレゼントを受け取った彼女からの喜びが微笑ましいですね。

オススメの商品

365輪のバラに想いを込めて「ローズベアー(365輪の赤バラ製テディベア)」

価格:91,300円

まとめ

ホワイトデープロポーズアイデア

今回は、フラワーギフトを使ったホワイトデープロポーズのサプライズな演出アイデア10選をご紹介しました。
プロポーズ向けのフラワーギフトと言っても色々なタイプがあるので、プロポーズの演出アイデアも様々でしたね!
大好きな彼女のホワイトデーのお返しに、素敵なサプライズプレゼントを仕掛けたい!と考えているなら、そのタイミングでプロポーズしてみるのも素敵ですよ^^
今回ご紹介したプロポーズ演出アイデアを参考に、ぜひチャレンジしてみてくださいね♪

合わせて読みたい

ホワイトデープレゼント人気ランキング〜彼女がお返しにもらって嬉しい物

ホワイトデープレゼント人気ランキング〜彼女がお返しにもらって嬉しい物

3月14日はホワイトデーです。男性にとっては、彼女の誕生日の次に、悩ましい日なのではないでしょうか?今年のホワイトデーはどんなプレゼントをお返ししたら喜んでもらえるのだろうか・・・?と悩まれている男性も多いと思います。

プロポーズプレゼント!指輪なしでも想いが伝わる素敵なギフト

プロポーズプレゼント!指輪なしでも想いが伝わる素敵なギフト

これから彼女にプロポーズしようと考えている男性の皆さんにおすすめしたい!プロポーズ演出にぴったりのプレゼントアイテムをご紹介します。プロポーズの時に一緒に贈ることで、あなたのプロポーズをより素敵に演出できるプレゼントをいろいろ集めました。

メリアルームのフラワーギフトが男性に選ばれる一番の理由は、徹底した「おもてなしサービス」だった!

メリアルームのフラワーギフトが男性に選ばれる一番の理由は、徹底した「おもてなしサービス」だった!

アートフラワーにこだわったプロポーズギフトを提供するメリアルームが、なぜプロポーズをしたい男性に選ばれているのか?取材して分かったメリアルームの「本当の魅力」「選ばれる理由」をご紹介します!

 

YouTubeで動画配信はじめました!



誕生日の飾り付けの基本的な方法や本格的なパーティークラフトの演出アイデア、季節のイベントに合わせた手作りグッズのアイデアなど、これからどんどん動画コンテンツを増やしていく予定です!

「手作りでお祝い!」に興味がある方は、
ぜひ「チャンネル登録」お願いします!
Star Naming Gift

SNSでこの記事をシェアしよう!

The following two tabs change content below.
ハピバ編集部

ハピバ編集部

ハッピーバースデープロジェクト編集部(ハピバ編集部)で作成した記事。誕生日のお祝いに関するネタを幅広い視点でいろいろ発信していきます。