やってみた!プロジェクト




演出アイデアトップ > やってみたプロジェクト! > 子連れでホテル三日月

夏休みに子連れで楽しめる!ホテル三日月(鬼怒川温泉)に宿泊してみた!



今年の夏は、鬼怒川温泉にあるホテル三日月に家族で泊まりに行ってきました。
テレビCMでもお馴染みの「黄金風呂」と「ガーデンスパ」が充実していることで有名なホテルですが、うちの場合は、最近娘が水泳を一生懸命がんばっているので「ガーデンスパ」が楽しめそうだなと思ったのと、東京からのアクセス(新宿←直通→鬼怒川温泉)が良かったのでここに決めました。温泉やスパはもちろん、ホテルのサービスも思ってた以上に良かったので、今回は子連れの親目線で、いろいろとレポートしてみようと思います。

スポンサードリンク


出発→1日目



出だしから関係ない情報で恐縮ですが、出発前にNHK:Eテレの朝の番組「0655」のたなくじをやったらこんなのが出たので、思わず朝から家族みんなで「よしっ!」って盛り上がってました 笑


今回の旅の宿泊予約は、日本旅行の「和洋中バイキングプラン★」を予約しました。JRの乗車券もセットになっているのでおすすめです!
行きは、新宿発(10:35)~鬼怒川温泉着(12:38)の「スペーシアきぬがわ3号」に乗って行きました。
新宿発の鬼怒川温泉着(終点)だったので交通はとっても楽チンでした(^^)

子供たちは、列車内でお弁当やお菓子が社内販売されていたり、トイレが付いていたりするのをはじめて知って驚いていたのがちょっと可愛かったです。嬉しそうにサンドウィッチを食べてました(^^)

12時38分。鬼怒川温泉駅に到着!
少し曇り気味でしたが、夏場はこれぐらいが調度良いです。駅前には鬼のモチーフがありました。邪気を払い福を招くという意味で、鬼怒川温泉には全部で7体設置されているそうです。足湯が楽しめる場所もあり、帰りの列車待ちの人たちがここで時間をつぶしてました。


宿泊先の「ホテルル三日月」は、鬼怒川温泉駅から徒歩3分ぐらいの場所にあります。駅から近くて子連れには最高の環境です!


ホテルのロビーはこんな感じです。多少古い印象もありましたが、広々とした空間が広がっています。子供たちも喜んで走り回ってました。 ※ハイ、ホテルのロビーで走ったらダメですね・・・汗


チェックインは15時からなので、クロークに荷物を預かってもらい、まずはガーデンスパ(プール)へ!こんな感じでホテルのすぐ横にあります。


スパの中はこんな感じです。ウォータースライダーがあったり、流れるプールがあったり、上から水が降ってきたり、いろいろと楽しい工夫がされています。 ※東京ではありえないかもしれないですが、写真やビデオ撮影は特に禁止してませんでした。


スパの屋上には屋外プールもあります。山々に囲まれていてとっても気持ち良かったです。


今回宿泊した部屋は「つばき亭 渓谷 和洋室(2名~5名1室) バス付き トイレ付き」になります。家族4人(大人2/子供2)でも広々使えて快適でした。やっぱり和室があると何か落ち着きますね(^^)


山々に囲まれているので、部屋から望める景観も最高です!ホテルのすぐ下に川が流れていて、鬼怒川ライン下りの乗り場もホテルのすぐ裏にあり、便利です。


夕食の時間まで少し時間が空いたので、みんなで温泉へ。浴室へは、こんな素敵な廊下を通って行きます。因みに黄金風呂(渓谷の湯)は午前が男性で、午後が女性でした。ガーデンスパも楽しかったですが、温泉も色々なタイプの風呂がたくさんあって、十分堪能できて満足できました。


お楽しみの夕食は、「和洋中バイキングプラン★」を予約したのでバイキングスタイルです。ステーキや天ぷらは目の前で調理して、出来立て食べられました。子供たちにはチョコレートフォンデュやジェラートが大人気!うちの子たちは、ジェラートを何回も注文して嬉しそうに食べてました。わかっていても、やっぱりバイキングは食べ過ぎてしまいますね~(^^;)


夕食の後は、ホテル内でちょっとした夏祭りイベントをやっていました。ヨーヨーすくいやスーパーボールすくい、射的、わた飴などがありました。娘は射的で見事おもちゃをゲット!して大喜びでした v(^_^)v

1日目はこんなところです。部屋に戻ったら布団が敷いてあって、子供たちはそのまますぐに寝てしまいました。
妻と私は、テレビでオリンピックを見て日本の選手を応援してました!

スポンサードリンク


2日目~3日目



朝食も夕食と同じレストランでバイキングスタイルです。さすがにステーキは無いですが、夕食と変わらないぐらいたくさんの料理が並んでいました。ヤクルトがいっぱいあって取り放題だったので、うちの子たちは5本ぐらい飲んでました(^^;) 朝食もやっぱり少し食べ過ぎてしまいました~(^^;)



「ガーデンスパ」のオープンが10時~なので、それまで部屋に戻って、娘は夏休みの絵日記を書いてました。あらら、ちょっとお行儀が悪いですね~(^^;)


浮き輪を持って張り切って10時前に「ガーデンスパ」に行ったら、すでにたくさんの人が並んでいました。みんな早く入って場所取りしようと思ってるみたいです。

お昼まで「ガーデンスパ」で遊んで、ランチは鬼怒川温泉街を少し歩いて美味しそうなお店を探しました。


駅前の道を少し歩いたところに「ギャラリーカフェ パントエ」というお店を見つけて入りました。買ったパンをその場で食べられるということで、子供たちと食べたいパン・ベーグルを選びました。私はパスタを注文しました。パンもパスタもとっても美味しかったです。はじめにサービスで出してくれたラスクがまた絶品でした。


パン屋さんに、この辺でぷらっと遊びに歩いていける良い場所がないか聞いてみたら「鬼怒楯岩大吊橋」を紹介してもらったので、さっそく皆でお散歩しながら行ってみることにしました。


「鬼怒楯岩大吊橋」に到着すると、子供たちは怖がることも無くスタスタと先に橋を渡り始め、逆に高所恐怖症の妻は、すぐに引き返してしまいました。そんな訳で妻を残し、私と子供たちの3人だけでつり橋を渡りました。

スポンサードリンク



つり橋の上から見える景色はこんな感じで、とても素晴らしかったです。時々ラフティングなどで川を下ってくる人たちが、ノリノリで手を振ってくるので、みんなで手を振り替えしました。ラフティング楽しそうでしたよ~。



つり橋を渡りきったところからの景色。ここにまた鬼がいたので子供たちと記念写真をパシャリ!



無事につり橋から戻り、売店でソフトクリームを買って、ちょっとひと休み。



つり橋からホテルまで歩いて帰る途中(ホテル三日月のすぐ裏)にこんな素敵な公園を発見したのでちょっと寄り道して子供たちを遊ばせました。こんなに芝生が綺麗な公園はなかなか無いですよね~。子供たちものびのび遊んでました(^^)

みんないっぱい汗をかいたので、ホテルに戻りすぐに温泉に入りました。



お風呂上りに、お土産を見ました。けっこうお店が広くて種類も豊富なので、全てのお土産はここで済ませました。



夕食を食べた後は、ゲームコーナーに行って少しだけ遊びました。ホテルのゲームコーナーにしてはかなり本格的なゲーム機が揃っている印象でした。
UFOキャッチャーのぬいぐるみが取れなくて娘にだいぶゴネられてしまいましたが、何とかなだめて部屋に戻り、子供たちはこれで就寝。(私はこの後、ひとりでゆっくり温泉を堪能しました。)


3日目は、朝食を食べてチェックアウトまで部屋でのんびりし、午前中には鬼怒川温泉を出発して、午後には帰宅しました。


まとめ


今回はじめて「鬼怒川温泉」に訪れましたが、とにかく360度全て緑豊かな山々に囲まれていて、東京よりもかなり涼しくて、とっても居心地の良い場所だなという印象でした。また機会があれば行ってみたいと思いました。子供たちがもう少し大きくなった今度はラフティングとかも一緒にやってみたいです。

それから宿泊した「ホテル三日月」については、とにかく親子で楽しめる環境が整っていて、家族連れに最高のホテルだと改めて思いました(実際に家族連れがかなり多かったです)。また鬼怒川温泉駅から徒歩3分という立地も子連れには非常に有難いポイントでした。観光よりもホテルでのんびり過ごしたいという方には本当におすすめのホテルだと思います。また、勝浦・鬼怒川・鴨川にも「ホテル三日月」があるのでも、そちらも機会があればぜひ泊まってみたいです。


【日本旅行】 往復のJRと宿泊がセットになって、こんなにお得!!


やってみた!プロジェクトトップ


スポンサーリンク



プレゼント人気ランキング
プレゼント人気ランキング
プレゼント人気ランキング1位 1位
世界に1つのオリジナルグッズ
プレゼント人気ランキング
プレゼント人気ランキング2位 2位
レストランディナー
プレゼント人気ランキング
プレゼント人気ランキング3位 3位
ホテルステイ・旅行
プレゼント人気ランキング
プレゼント人気ランキング4位 4位
アクセサリー
プレゼント人気ランキング
プレゼント人気ランキング5位 5位
花・バルーン宅配便
プレゼント人気ランキング
もっと見たい方はこちら >>




誕生日

誕生日演出アイデア

誕生日プレゼント

誕生日パーティー

誕生日ケーキ

誕生日カード


インスタグラムなフリー素材写真「Freestagram(フリースタグラム)」
プレゼントキュレーター「Pcura」
誕生日占い
オリジナルプレゼントマニア
絵本ブログ~子供と楽しめる絵本
子供のお誕生会!KIDS PARTY
記念日忘れ防止メール




ハッピーバースデープロジェクト-TOPへ