第37回|手形アートの作り方〜書籍「親子で楽しむ手形アート」の書評と体験レポート

親子で楽しむ手形アート
2 1

今回は日本文芸社さんから「親子で楽しむ手形アート」という本を献本していただいたので、実際に本を見ながら子供たちと手形アート作りを体験してみたレポートも兼ねて、手形アートの基本的な作り方を紹介してみたいと思います。また、最後にまとめとして、この本の魅力なども語らせていただきます。

手形アートってなに?

手形アートとは、色インクを使った手形・足型で作るアート作品のことです。
主にお子さんの成長記録を目的として、お子さんや家族の手形・足型をとって、動物や植物などをモチーフに可愛く仕上げた作品が多いです。

手形アート作りに用意するもの

今回献本でいただいた「親子で楽しむ手形アート」では、親子の手形を使って親子ゾウを作る基本的な手形アートの作り方から、フラミンゴやワニ、キリン、クマなど色々な動物をモチーフにした手形アート、さらにハロウィン、クリスマスなどの季節に合わせた手形アートなど、色々な手形アートの作り方が数多く紹介されていますが、今回は最も基本的な手形アートとして紹介されている「ゾウ」の手形アートを子供たちと一緒に作ってみました。

今回は時期的にもうすぐ母の日という事なので、子供たち二人からお母さんへのプレゼントになる手形アートとして作ってみたので、実際に親子で作っているレポートも兼ねて手形アートの基本的な作り方も簡単に紹介してみたいと思います。

用意するもの

手形アート作りに用意するもの

1. 画用紙
2. スタンプインク(水性)
3. マスキングテープ(可愛い柄を出来るだけ多く)
4. ゲルインクボールペン
5. はさみ
6. ウェットテッシュ・テッシュ
7. 新聞紙など下に敷くもの

手形アートの作り方(ゾウの手形アート)

手形アートの作り方-手にスタンプインクを塗る

1. 手にスタンプインクを塗る

好きな色のスタンプインクを手のひら全体にムラなく付けていきます。特に関節の部分はインクが付きにくいので満遍なく付けます。

手形アートの作り方-画用紙に手形をとる

2. 画用紙に手形をとる

指の付け根などの凹んだ部分もしっかり押し付けるようにして手形をとります。ここはしっかり手形が付くようにパパやママが手伝ってあげましょう。

手形アートの作り方-ゾウの目や耳、尻尾などを書く

3. ゾウの目や耳、尻尾などを書く

手形がしっかり乾いたら、目や耳、尻尾などをペンで書き込むことで一気にゾウらしくなります。無駄にあれこれ書き込まず、できるだけ特徴となるポイントだけに抑えた方が良いと思います。

手形アートの作り方-マスキングテープで三角帽子を作る

4. マスキングテープで三角帽子を作る

マスキングテープを三角にカットしてゾウの頭の部分に貼り付けます。三角帽子のてっぺんにポンポンを描くと可愛くなります。

手形アートの作り方-メッセージや名前、日付などの文字を書き込む

5. メッセージや名前、日付などの文字を書き込む

手形アートを作った日の日付や名前を書き込みます。今回は母の日のプレゼント用に作ったので「Thank you Mother」というメッセージを入れてみました^^

手形アートの作り方-最後にマスキングテープでお洒落にフレーミングしたら完成!

6. 最後にマスキングテープでお洒落にフレーミングしたら完成!

マスキングテープはそのまま使わずに、あえて縦に半分にちぎってラフな感じフレーミングすると手形アート作品が、よりお洒落で可愛い雰囲気になります♪マスキングテープのセレクト次第でけっこう作品の雰囲気が左右されるので、こだわって選んだ方が良いと思います。

こんな感じに仕上がりました!

手形アート 母の日プレゼント ゾウの兄弟

若干文字の配置のバランスが悪かったり少々気になる部分もありますが、まあ初めての手形アート作品としては上出来ではないでしょうか(^^)

本の中から子供たちがそれぞれ好きな手形アートを選んで作った2回目の作品

手形アート かに

弟くんが2回目に作った「かにの手形アート」。手形をとる位置を決めたりなど、私が手伝った部分も多いですが、なかなかいい感じに仕上がりました!

手形アート フラミンゴ

お姉ちゃんが2回目に作った「フラミンゴの手形アート」。こちらは殆ど手伝わずに本を参考にしながら自分で頑張って作っていました^^

手形アート 子供たち

おまけにお母さんが作った子供たちを描いた作品。全く本を参考にしていない独創的な手形アート(笑)。ポップアートな色使いでなかなか面白いですね^^

手形アート作りを体験してみた感想と書籍「親子で楽しむ手形アート」について

初の手形アート書籍 親子で楽しむ手形アート

今回初めて手形アート作りを体験してみましたが、思った以上に簡単にアートな作品になる事にびっくりしました。

子供たちも最初の作品作りの時は、よくわからずに言われたままにやっていましたが、2つ目の作品作りの時には本書に載っていた作品例を参考にオリジナル要素を取り入れたりしながら思い思いの作品作りに取り組んでいて、とても楽しそうでした。出来上がった作品が思った以上に良く出来ていた様で、子供たちもかなり満足げでした^^

初めての手形アート作りをした初心者でも、それなりに良い作品に仕上がったのは、やはり本書の中で手形アート作りの基本的な作り方がしっかり解説されている事とマスキングテープの使い方や可愛い文字の書き方などの細かい部分まで分かりやすく解説されていたからだと思います。

本書は日本で初の手形アートの書籍なのだそうです。インスタグラムなどのSNSでは、ずいぶん以前からよく目にしていたので、今まで手形アートの書籍が出版されていなかったというのもちょっと意外でした。その分これまでたくさんの人が手形アートを作ってこられた様々なアイデアが凝縮されていると言っても過言ではないくらいに、色々なアイデアが詰まっている本だと思うので、これから手形アートを作ってみたい!という方にぴったりな書籍だと思います。
子供たちの小さくて可愛い手形や足形を素敵なインテリアに変身させられる手形アート。お子さんのいるご家庭のパパやママにはぜひ一度挑戦してみて欲しいと思いました^^

親子で楽しむ 手形アート

やまざき さちえ 日本文芸社 2016-04-21
売り上げランキング : 7429

by ヨメレバ

合わせて読みたい

足あとアート

誕生日の記念に作りたい!子どもの足あとアート

海外では赤ちゃんの出産記念や、子どもの誕生日の記念に、足跡や手型のペイントを使ったアートワーク作品「足あとアート(footprint art)」をハンドメイドで作っているママやパパがけっこう多いようです。可愛いらしい素敵な「足あとアート作品」を集めてみました。

誕生日の寝相アート

誕生日の寝相アート

「誕生日」の寝相アートに注目して、日本のママ&パパさん達の作品で、よく出来ていると思った作品をピックアップして紹介したいと思います!


この記事は役に立ちましたか?
新しいお祝いアイデアやプレゼント情報を
LINEでお知らせします。
よかったら友だち追加してね!

友だち追加



この記事が役立ったら「いいね!」してね!
The following two tabs change content below.
ナベチン

ナベチン

バースデークラフト作家
2004年に誕生日祝いに関する情報サイト「Happy Birthday Project」を立ち上げ、サプライズや手作り演出など、誕生日祝いの実践を重ねながらサイトを10年以上運営中。 2014年からハンドメイドのバースデークラフト作家としての活動も開始。2015年には「Birthday Crafts .inc」を設立。

RECOMMENDあなたにオススメの記事