大人も子供も大喜びのひき肉料理「ミートローフ」の作り方<簡単パーティー料理レシピ>

パーティー料理レシピ ミートローフ
31 0

見た目が華やかで、豪華、食べ応えもあるミートローフは、おもてなしにぴったり。作り方が難しいと思われがちですが、実は、ハンバーグを作るよりも簡単かも!?

また作り置きをしておいても味が落ちにくいのがミートローフのいいところ。冷蔵庫で2~3日保存できます。食べやすい大きさに切ってから電子レンジで温め直してください。おもてなしの前に作っておけば、当日は料理にかける手間がぐんと減って楽ちんです。大人も子供にも喜ばれる一品です。ぜひお試しください。

大人も子供も大喜びのひき肉料理「ミートローフ」の作り方<簡単パーティー料理レシピ>

材料・4人分

牛豚あいびき肉 400g
小さじ2
こしょう 少々
玉ねぎ 中1個(150g)
1個
パン粉 1/4カップ
ナツメグ 適宜
ミックスベジタブル(冷凍) 50g
うずら卵 10個
サラダ油 適量

ソースの材料

ケチャップ 50ml
中濃ソース 50ml
赤ワイン 大さじ1

作り方

  1. 玉ねぎをみじん切りし、耐熱皿に薄く広げ、ラップをかけて、電子レンジで約5分加熱します。
  2. うずら卵は固ゆでにし、殻をむきます。冷凍ミックスベジタブルは電子レンジで解凍します。
  3. オーブンを200℃に予熱しておきます。
  4. ボウルに合いびき肉と塩こしょうを入れて、ねばりが出るまでよく混ぜ合わせます。
  5. 玉ねぎとうずら卵、パン粉、ナツメグ、ミックスベジタブルを入れて、よく混ぜ、最後にうずらの卵を入れて、ざっくりと混ぜます。
  6. 天板にサラダ油を薄く塗ったアルミホイルを敷き、その上に肉を細長い山型にまとめます。焼いたときに肉が割れないように、うずら卵は表面に出ないようにしてください。表面にサラダ油を塗りつけます。200℃のオーブンで30~40分焼きます。
  7. 肉を焼いている間に、ソースを作ります。ケチャップと中濃ソース、赤ワインをフライパンに入れ、弱火でとろみがつくまで加熱します。
  8. 竹串で刺してみて、透明な液体しか出なくなったら焼き上がりです。食べやすい大きさに切って、盛りつけ、お好みでソースをかけながら食べます。

ポイント

うずら卵が肉の表面に出てしまうと、焼いたときに割れてしまうことがあるので、しっかりと中に押し込みましょう。また、焼きたての熱い状態だと切ったときに崩れやすいので、粗熱を取ってから切るようにしてください。

 
今回ご紹介した料理「ミートローフ」を実際にパーティーで作ってみた時の記事はこちら↓

合わせて読みたい

モノトーンコーティネート!まっくろくろすけハロウィンパーティー

まっくろくろすけがいっぱい!モノトーンのおしゃれ可愛いハロウィンパーティー演出

2017年のハロウィンパーティーは「まっくろくろすけ」をメインモチーフにモノトーンな飾り付けをしてみました。まっくろくろすけの目玉がいっぱいなのが可愛くて愛らしい演出になっています。

  レシピを提供した河野真希の主宰する料理教室
「つづくらす食堂」のサイトへ


この記事が役立ったら「いいね!」してね!
The following two tabs change content below.
河野真希

河野真希

料理家・暮らしまわりのフリーライター
料理教室つづくらす食堂主宰。料理・洗濯・掃除・片付けなど、家事・暮らしまわり全般を請け負うフリーライター。料理教室では、簡単&時短で作れるレシピと、段取りを大事にした一汁三菜の献立をお教えしています。特別な食材や調味料は使わず、どこでも簡単に手に入る材料で、難しい手順や技術は必要なく、誰にでも再現しやすい料理をご提案していきます。

RECOMMENDあなたにオススメの記事

誕生日・記念日・サプライズの相談ができる総合情報アプリ-HAPiBA

アプリなら記事の閲覧はもちろん、ユーザー同士でお祝いやサプライズの相談が出来たり、投稿して「いいね!」をもらったり、楽しく情報交換できるよ♪

HAPiBA_icon

HAPiBA App Store  HAPiBA Google play

HAPiBAアプリの詳しい情報はこちら>>

HAPiBA