広大な敷地で乗馬やテニスが楽しめる「ホテル ブルーベリーヒル勝浦」

ホテルブルーベリーヒル勝浦
6 1

夏休みにブルーベリーヒル勝浦に行ってきました。
口コミなどでも結構評判が良くリピーターも多いとのことで、いつか行きたいと思っていたのですが、今年の夏休みにやっと行くことができました。
東京ドーム13個分という広大なリゾート施設で楽しめる色々なアクティビティや、宿泊ルーム、レストランの料理などをご紹介します。

ブルーベリーヒル勝浦の宿泊一日目

東京駅から特急わかしおで約1時間半、勝浦駅からも送迎バスで15分と都心からのアクセスもいいのに、勝浦駅からの道のりは海を見ながら田舎町に来たかのような、のどかさを感じられます。

ホテル ブルーベリーヒル勝浦の詳細はこちら>>
 

ホテルブルーベリーヒル勝浦 入り口

ブルーベリーヒル勝浦にチェックイン!

ブルーベリーヒル勝浦はとにかく広い敷地に贅沢な建物が点々とあります。
まずはフロントとレストランのあるセンタープレイスでチェックインの手続きをしました。

ホテルブルーベリーヒル勝浦 ロビー

ここで、フロントのスタッフさんから夕食の提案がありました。
夏はテラスバーベキューが先着10テーブルだけ出来るとのことで、今回は2泊だったので、1泊目はレストランでバイキング、2泊目はテラスバーベキューの予約をしました。

多目的ホールで卓球やバトミントン

チェックインまで時間があったので多目的ホールに移動してまずはひと遊び。生憎の雨でしたが、そんな時はフロントで卓球やバトミントンを借りてたっぷり遊べます。
トイレや自動販売機も隣接していたので、特に不便はなかったです。

ホテルブルーベリーヒル勝浦 多目的ホール 卓球 バトミントン 

遊んでいるとチェックインの時間になったので、今回泊まるイーストヒルのお部屋に移動しました。
とにかく広い敷地なので、各施設に電話がありフロントに連絡するとすぐ送迎車が来てくれるので、移動も楽々です。

今回宿泊したイーストヒルの外観と室内

イーストヒルの建物(外観)

イーストヒルの建物はこんな感じです。なんだかコアラみたいな、ゾウさんみたいな、なんとも愛らしい外観に見えてしまうのは私だけでしょうか?

お部屋に入ると、とにかくその広さにびっくり!!!
子供達も大喜びです!!私達の泊まったイーストヒルのお部屋からは海も見えて、どこの部屋の窓からも絶景が見られました。

ホテルブルーベリーヒル勝浦 部屋 イーストヒル 絶景

ホテルブルーベリーヒル勝浦 部屋 イーストヒル 絶景

ホテルブルーベリーヒル勝浦 部屋 イーストヒル 絶景

ディナーはレストランでバイキング

お部屋で一休みしてから、みんなお楽しみの夕食の為にセンタープレイスのレストランに移動しました。

敷地の割に宿泊者が少ないので、どこも混んでいなくレストランも混雑のストレスもなくとても気持ちよく過ごせます。
バイキングは地元の魚や野菜を中心としたメニューで、キッズメニューも充実しています。私達が行った日にはB級グルメの勝浦タンタンメンもあって、お父さん達が喜んで食べていました。

ブルーベリーヒル勝浦 レストラン バイキング 料理

ブルーベリーヒル勝浦 レストラン バイキング デザート

ブルーベリーヒル勝浦 レストラン バイキング キッズメニュー

ブルーベリーヒル勝浦 レストラン バイキング 料理

夕食後、一日目は広いお部屋でのんびりと夜を過ごしました。
男の子たちはUNOをして遊んでいました。

ベッドの上でUNOを楽しみ男の子

4人部屋にダブルベット2台、セミダブルベット2台あるので、とってもゆったりと眠れました。

ブルーベリーヒル勝浦の宿泊二日目

二日目の朝は曇り空でした。
のんびり歩いて宿泊しているイーストヒルからレストランのあるセンタープレイスまで行きました。
見渡す限りの自然を満喫しながらとっても気持ちのいいお散歩になりました。

ブルーベリーヒル勝浦の敷地内を散歩

ブルーベリーヒル勝浦 外の景色

ブルーベリーヒル勝浦 敷地内を散歩

ブルーベリーヒル勝浦 敷地内を散歩

朝食はビュッフェで、パンケーキはミッキーの形に焼いてくれていたので、子供達も大喜びでした。

ブルーベリーヒル勝浦 ミッキーのパンケーキ

親子で乗馬体験!

今日のお楽しみはまず乗馬です!
センタープレイスで予約して、子供達はポニー、大人は馬に乗りました。

ブルーベリーヒル勝浦 乗馬

子供達は一人ずつかわいいポニーに乗ってインストラクターさんにポニーや馬のお話を聞きながら乗馬センター内を一周させてもらいました。
始めかなり緊張していましたが、一周回って帰ってくるころにはニッコニコでとってもいい経験をさせていただきました。

ブルーベリーヒル勝浦 乗馬 子供

ブルーベリーヒル勝浦 乗馬 子供

そして最後はお父さんが大きな大きなお馬さんに乗せてもらいました。
あまりに大きな馬だったので、みんなで遠巻きに見ていました。

お父さんもとても気持ちよさそうに一周して帰ってきましたが、まだまだ乗りたいようでした。

ブルーベリーヒル勝浦 乗馬

屋外プールで夏休み気分を堪能!

その後は少し時間があったのでプールに入って遊びました。
子供たちがプールで遊んでいる間、大人たちはプールサイドでコーヒーやビールを飲みながらのんびり過ごせました。

ブルーベリーヒル勝浦 プール

ブルーベリーヒル勝浦 プール

絶景テラス席でバーベキューを存分に堪能!

夕方からお楽しみのバーベキューが始まりました。
バーベキューはセンタープレイスのテラスで出来ます。

ブルーベリーヒル勝浦 バーベキュー BBQ

ブルーベリーヒル勝浦 バーベキュー BBQ

バーベーキューの準備が出来るまで、子供達は広ーいガーデンで遊び、大人は日が沈んで行く素敵な時間をゆっくり見ていられました。

広大なガーデンを見渡しながらのバーベキューは本当に気持ち良く、この旅行で一番良かった時間が過ごせたのではないかと思うほど気持ちの良い時間でした。

ブルーベリーヒル勝浦 バーベキュー BBQ

ブルーベリーヒル勝浦 バーベキュー BBQ

バーバーキューのメニューは牛ロース肉 若鶏モモ肉 骨付きソーセージ 豚ロース肉 殻つきホタテ貝 房州産サザエ 有頭海老 野菜 デザート ごはん お味噌汁と、盛りだくさんで、かなりの量食べられました。

ブルーベリーヒル勝浦 バーベキュー BBQ

このバーベキューは、天気や季節 先着順といろいろな条件が合わないと出来ませんが、絶対オススメです!

バーベキューが終わったあとは、子供達お楽しみの花火をしました。センタープレイスのすぐ近くに花火が出来る場所があって、バケツもあるので花火とろうそくと火があれば出来ます。

まわりが真っ暗なので、東京でやる花火よりのとても奇麗に感じました。暗くなると、何組かの家族が花火をしていたので、そこの空間だけとっても奇麗に光っています。

ブルーベリーヒル勝浦 花火

ブルーベリーヒル勝浦 花火

たっぷり遊んだ二日目も終了しました。

ブルーベリーヒル勝浦の宿泊三日目

ロケーション最高のテニスコートを貸し切り!

三日目の朝は快晴でした!!子供達は早朝からセンタープレイスにテニスラケットを借りに行って広ーいテニスコートで贅沢にテニス三昧でした。

ブルーベリーヒル勝浦 テニスコート

ブルーベリーヒル勝浦 テニスコート

ブルーベリーヒル勝浦 テニスコート

ブルーベリーヒル勝浦 テニスコート

朝食&お散歩

朝食を食べて、広ーいガーデンをお散歩したりお部屋でのんびりしてチェックアウトしました。

ブルーベリーヒル勝浦 朝食

ブルーベリーヒル勝浦 散歩

ブルーベリーヒル勝浦 散歩

ブルーベリーヒル勝浦 散歩

興津海水浴場

せっかく勝浦まできたので、帰りはブルーベリーヒル勝浦から車で5分の興津海水浴場に寄りました。
地元の人が多いようなゆったりとした雰囲気で、海水浴場としては結構穴場な感じがしました。今度はゆっくり興津海水浴場で遊ぶのもいいかもしれません。

興津海水浴場

ホテルの基本情報

ホテル名 ホテル ブルーベリーヒル勝浦
所在地 〒299-5245 千葉県勝浦市興津1920
アクセス 【電車の場合】
○東京駅→JR外房線・特急わかしお→勝浦駅(約1時間26分)→タクシー(約15分)
○東京駅→JR外房線・特急わかしお→上総興津駅(約1時間44分)→タクシー(約5分)

【車の場合】
○東京方面→湾岸道路や京葉道路→国道297号経由→国道128号線→ホテル
○川崎方面→東京湾横断道路(アクアライン)→92号線(房総スカイライン経由)→24号線(鴨川有料道路経由)→安房鴨川経由国道128号線→ホテル

送迎サービス あり(無料)
勝浦駅または上総興津駅から無料送迎があります。(要予約)
ペット 72平米の広いお部屋でワンちゃんと一緒に宿泊できます!

最後に

ブルーベリーヒル勝浦

今回行ったブルーベリーヒル勝浦は、広大な敷地に少人数の宿泊者だったので、どこも待ち時間や混雑のストレス無く使えて、本当にゆったりと過ごす事が出来ました。都内アクセスがいいので、またゆっくりしに行きたいです。今回は時間がなくタラソテラピーが体験出来ませんでしたが、それは次回のお楽しみにしたいと思います。

 



この記事が役立ったら「いいね!」してね!
The following two tabs change content below.
ヒロ

ヒロ

ママライター
お祝い事が大好きな2児の母。誕生日のお祝いや記念日に行ったレストランのレビューや実際にプレゼントでもらったアイテムの商品レビューなど、身近なお祝いネタを記事にしていきたいと思います。

RECOMMENDあなたにオススメの記事